紅葉山庭園すげ〜!

静岡の
コンサートツアー
の合間に
すぐ近くの駿河城址公園を散策

中に入ると渋いお屋敷らしき門を発見
090822_1357~0001.jpg
なかなか良い佇まいで..........!
うわ〜中視てみたいな〜!
ってやっぱり鍵しまってるわ。。
090822_1357~0002.jpg

この技法はなんて言うんだろ......?
兎に角渋い!手が込んでいる。かっくいー。
数寄好みっての?
090822_1358~0001.jpg

タマシダも自然な雰囲気に植わってて.....

この中は紅葉山庭園っていうみたいだ。
150円払えば入れるんじゃんか!やっほ

090822_1401~0001.jpg

プロローグとかいてある。なにかストーリーでもあるのだろうか?

なんでも、アメリカの日本庭園専門誌で、36位の庭園らしくって....、

090822_1402~0001.jpg090822_1403~0001.jpg
090822_1405~0002.jpg090822_1405~0001.jpg

090822_1404~000312.jpg
奥に富士山らしき形の小山があり、そのまわりをボーダー状に
茶の木が植えられており、更にその手前が池になっている。
ようはこの庭園は海からみた静岡(駿河湾)を表しているんだな!
すばらしい!

090822_1409~0001.jpg

岩の間からはみ出したように植わっている植物にも目がいってしまう。。

更に歩いていくと、立礼席(リュウレイセキ(茶屋))があり、思わず入ってみる。
適当に空いている席に座ると...........、店のおばさまが、
「反対側にお座りになれば、窓から景色が見えますので、良かったら
お移りになりますか?」
と言われたので、素直に従ってみると成る程納得......!

090822_1414~0001.jpg090822_1414~0002.jpg
さすがのおもてなし。
お茶を楽しむってこういうことのだ!

かっこつけて本山抹茶を注文。
090822_1417~0002.jpg090822_1419~0001.jpg

季節を楽しむ訳でもありますな。"初秋"って感じぃ?
な〜んて!初めての抹茶なんですけど..........!
氷が入ってるよ〜!!わお!
な〜んていっときながらかなり
たどたどしい動きで茶を味わってしまった。。

こういう和菓子嫌いだったのに〜、この佇まいだったからか
抹茶との相性であろうか、とても美味うござった。

「コチラから入りますと、奥には茶室をご覧になられますので〜」
とまた店のおばさまが声をかけてくれ
もちろん見学!

090822_1437~0004.jpg090822_1436~0001.jpg
090822_1429~0002.jpg090822_1429~0001.jpg
090822_1432~0001.jpg090822_1431~0002.jpg
090822_1434~0001.jpg

初めての茶室!

兎に角やられっぱなしだった。
スンゲえ面白かった!
数寄屋造りってかっっこいいな!
けどすんげえ金かかってそうだな........。。

学ぶべきところはたくさんあった!
&又又下調べもなく
行き当たりでこんな面白いとこを堪能できるとは。

もっといろんな茶室が見たい!!!

いろんな工夫が見てみたい!

用の美ですな!

やっぱり俺の中で
とっても「日本」がキテる!!

新しいファッションカルチャーに繋げてえな。。
なんちて....

本気?!