アナルコマウンテニアーズキャンプ!

長野県の小林さんとこのやまへ

甲斐君と良二君と了君と。
このメンツで山に集まるのはホント久しぶり。


今回は沢爺も、次の日行われるソーズカンパニークリスマスパーティーの

ライブのための練習にここのデッキを選んだ。

久々のアナルコマウンテニアキャンプ場は
北欧の焚き火台が導入されてて、デッキの上で焚き火が出来ちゃったり、

キッチン棟の壁はボルダリングが出来るようになっていたり、
着々と進化していた。
しかも壁は、黒板になってて手軽にルート書き出来ちゃう おもしろきアイデア。

小林さんの発想は僕から言わせれば無限大でホントおもしろい。 会話をしていても、よく何をしゃべっているのか ついていけなくなっている事もあったりしちゃって......。

了君が作る山の飯はうまい。伊太利亜料理屋さんで昔働いてたんだって。 机の上に転がってる食材でパパッと作ってくれるテンポがいい。 ONEPEACE(漫画)で言うサンジってところかな?

良二君は静岡から友達の結婚式の帰りに長野へ寄り道スタイル。
新鮮な海鮮を持ってきてくれた。太刀魚一本丸ごとにはみんな驚いていた。

僕は最近日本酒ばかりで、焼いたサザエの貝殻を
おちょこ代わりにカッコつけて呑んでみたり......。

小林夫妻は、僕らにキッチン棟を与えてくれて、寒い倉庫小屋で就寝。
でも僕らと言えば、甲斐君が外で寝たいと言ったものだから、 俺も良二君も便乗。

了君も試してみるという事になり、結局、 沢爺だけが寝袋でぽつんとひとりに。 キッチン棟が広々としていた......。

その日の最低気温はなんと−7℃。その週一番の最低気温な訳で......。 意外と眠れたけれど、枕周りは霜で凍っていた。足元を何十にも 重ね着したのが良かったみたい。 了君は棟の中に戻っていたけど、 他の2人はガッツリ日が上がるまで寝ていた。

次の日は裏山に登ってみようと、登山道のない山を登ってみる。
尾根伝いに行けば全然問題ないだろう。

途中の岩場からは、村の景色が気持ちよく眺められ、みんなも意気揚々。
沢爺も頑張っている。結局八ヶ岳が見える県境まで登ってしまった。

帰り道、自分が先導気味にコバさんを追い抜いてしまったがために、
登ってきた山道が分からなくなってしまい、プチ遭難してしまう。

どうにかみな無事で戻って来れたけど、ホント山を甘く見てはいけないなと
実感。先導することは責任重要なことも勉強......。

どちらにせよ、充実した山の生活。
コバさん遊ばせてもらってありがとうです。

091206_1636~0001.jpg091206_1649~0002.jpg

091206_1643~0001.jpg091206_2220~0001.jpg091206_1636~0003.jpg
091206_1647~0001.jpg091206_1647~0003.jpg
091207_0741~0002.jpg091207_0709~0001.jpg
091207_0706~0001.jpg

091207_0753~0001.jpg091207_0734~0001.jpg
091207_0952~0002.jpg091207_1001~0002.jpg
091207_1027~0001.jpg091207_1038~0001.jpg
091207_1104~0001.jpg091207_1107~0001.jpg

山は甘くない!
けどもっかい遊びたい!!
秘密基地作りたい!!