それってレギンス??

自分とこのアバウトにも書いてたけれど、

自分は以前スパッツブランド「CHAG」
(地元のお祭りの「チャグチャグ馬コ」から名付けた。鈴の音のこと)

というスパッツだけのブランドを立ち上げた事があって...........。

見事に、売れなくって

持久力のない自分は一発ノックアウト。

だけど、それぐらいスパッツ好きな自分だったりして......。


履き始めたきっかけは、バイクに乗るとき冬の防寒対策として.......、
なんて意味合いな訳でもなく......、
ただ、自分が毛深かったからという
あほなきっかけからであった。

ショートパンツが履きたいけれど、毛深いから履けない!
なんてナイーブな時代があって、なんとか履けないものかと
試行錯誤していたところ、ハイ!スタンダードで
エバーワームというニュージーのアンダーウェアブランドを発見!!
お〜コレだ!コレでボーボーなすね毛を隠せばショーツ履けんじゃん!
と早速購入。

EWのスパッツにMTB用のナイロンショーツを合わせたりなんかして、
粋がって街を闊歩していたわけなんだけれど。

そんなスパッツ、ここ最近妙に見かけるようになったけれど、
ほんと、こんなにあのスパッツが
定着するとは思いもしなかったよな〜。

そんなスパッツ。巷では「レギンス」と呼ばれてるみたいだけど、
?レギンスってレディース用語なんじゃねえの?
もしくは、七分?八分?丈の、丈短めのタイツのことを言うのでは?

雑誌が言ったのか?海外の連中が言ったのか?知らねえけど、
スパッツでしょ!!スパッツって言うんでないのかい!?

女がレギンスってのはもちろん良いと思うけど、
男が「足元はレギンスでキメました!」なんてほざいてると
ちょいと女々しく感じてしまうのは俺だけだろうか?

百歩譲って、モード系なカッコの奴なら、
レギンスって言ってもなんとなくしっくり理解できるけれど、
明らかにカジュアルな"アウトドアー"気味の奴らが
「レギンス!」とかかましていると、
ちょっと「えっ?」ってなってしまう。

俺は毎日ぱっつぱつスパッツ!