イギリス 最終日ロンドン篇

夕方ロンドン着

CIMG2857.jpg

前日 
ロンドンは大雪が降ったみたい。

子供たちは暗い中でも雪遊びにハシャイでいた。
車に降り積もった雪をかけ集めて雪合戦をやってる模様。
どこも一緒なんだね。なんて当たり前か。

101203_0137~0001.jpg 
ヨコのラインが短かったなー


 

江田さんが、ロンドン郊外のホームセンターに
寄ってくれた。

やっぱりイギリス。

ガーデニンググッズが充実している。
ライフタイムで多少の予備知識はあったけれど、
スピア&ジャクソン
とか普通に並んでいるし、見た事ない園芸道具もあって、
目移りしまくった。


セントアグネスに向かう途中、フリーウェイから見えた
かなり大きなガーデンセンター........
もし寄る事が出来ていたなら
トンデモナイ興奮状態に陥っていただろうと推測される。
んがぁ〜っ!(渡辺友郎風)


その後、ロンドンの高級住宅街付近を散策。

そこのファーマーズマーケット隣にある
バブアーに寄りたいと江田さん。

僕も何気なく、試着遊びしていたら、
「いいねえ似合う!」
と江田さんに一言頂く。

んー自分でもそう思えてきたぞー......。

.........................買います!

思いっきり衝動買いってヤツをしてしまう。

まあそんなに高くないジャケットではあるが、
何年ぶりであろうか?衝動買い。

奥さんに怒られ続けてからというもの、
欲しいものがある時は一度その思いを家に持ち帰る事にしている。
それでも欲しい場合に買うようになったのだ。
ほんと無駄使いしなくなったものだ。
なんて旅行には通用しないものなのか?

来ていたジャケットを脱ぎ、
買った赤いキルティングジャケットに着替え
そのまま店を出た。

CIMG2861.jpg 
バブアーのクリスマスポスター。


 

夜、サトシの友達と江田さんお勧めのスペイン料理屋でタパスを食う。
名前を忘れちゃったが、
ロンドン在住の女の子◯◯ちゃんと美容師の◯◯ちゃん
ロンドンに服の買い付けに来ていたタイソン夫妻、
江田さんのロンドン時代の友達ロッタと一緒にお食事
ロッタはスタイリストらしく、隣に座ったものの、
I can't speak English な 自分はほぼ会話できず......。

ほんともったいないなーと実感。

ロッタだけじゃなく、

ホテルのフロントのおじさんであったり、

アウトドアショップの店員であったり、

finisterreのトムであったり、アーネストであったり、

街中のかわいい女の子であったり?

英語が話せたら、どんなに今回の旅行も楽しかったんであろうと。

って毎回海外行く度に思うんだけどねー
結局なんも学ばずまた次が来ちゃうんだよな。

でも今は、マルタがいるもんね!
彼女に英語を教えてもらおう!
と決めました。

最低限の会話ぐらい出来るように。

CIMG2863.jpg

イギリス もっかい行きたいな! なんつってー。