東北の旅  クワジロウに会う

松田夫妻と分かれた後、ひたすら南下

松島を通り、意外にもあまり被害が少なく
普通に観光客が多い事にも驚いたが
地盤沈下具合にビックリ。道路に海水が吹き出しており
大きな水たまりになっておった。

さらに南下することおよそ3時間?

多賀城に着く。

真っ平らな土地ってのはイメージと違った。

クワジロウさんは多賀城市に住んでいるバリカンズの輩のひとり。
国東バリカンズの谷シルを通じて知り合った、共通の趣味の人。


行き当たりな旅にもかかわらず、僕らを歓迎してくれ、
一泊させてもらい、深夜まで語らう。

CIMG5433.jpg

クワジロウ夫妻


CIMG5430.jpg
ジャ〜ン!って感じの器に盛られ、ジャ〜ンて感じに写真を撮る。
朝食で出てきた郷土料理。
大葉で巻いたみそを串で刺して揚げたもの。なんて名前だっけな?
これ好き。

NCM_0314.jpg 
瑞浪バリカンズでもある陶芸家 大江憲一氏の器も拝見させてもらい......


NCM_0315.jpg NCM_0316.jpg

クワサン所有
ササフラス初代フォールリーフパンツも拝まさせていただき.....

NCM_0318.jpg

3.11後の4月2日に産まれたミーナを抱っこさせていただく。








CIMG5434.jpg

朝、奥様のご実家の農園で野菜を収穫する作業をさせてもらう。
これ、クワジロウさんなりの、
バリカンズ的収穫(Harvest)もてなしありがたし!

CIMG5437.jpg この籠目な籠いいな〜。 CIMG5441.jpg

ベタにやっていただきつつ..........

CIMG5442.jpg CIMG5446.jpg

白いなすび?卵みたい

CIMG5449.jpg

収穫(Harbest)完了〜!





CIMG5450.jpg

記念撮影。 BROTHERHOOD!
てか、ほぼ全く同じ格好だよ!

いがちゃんの短パンこれまたしかり!

NCM_0317.jpg
こりゃすごい。。。作った人に脱帽。
とともにいがちゃんのキャライメージがまた一段と解らなくもなる....。


そんなクワジロウ家は海からもだいぶ離れている(7〜8キロ?)のに、
津波はすぐそこまでやってきてたらしい。。平地ゆえ?

このあと、
本人たちも恐くっていけなかったという、
被災地を初見しに行く。

CIMG5456.jpg CIMG5457.jpg CIMG5458.jpg

あまりにも広すぎる被害面積に圧倒され言葉を失う。
雑草が生えていてくれているおかげで少しは落ち着いた感があるものの。。


それでも、植物は生きている
ことを確認できて少し気分が和らいだ。

CIMG5463.jpg

倒れて枯れてしまっても、

まっすぐ上に

伸びている。












NCM_0323.jpg
帰りに多賀城跡に寄ってみた。

NCM_0327.jpg

うちの庭こんな感じにしたいなと思いつつ

1000年以上も昔にココにあったお城の事を想いながら、
津波でやられた被災地のことも、同じように眺めてしまっている
のは確かだなとも思った。


佇まいが気になって思わず立ち寄ったドライブイン


CIMG5474.jpg
このひょろっとした剪定木にグッときつつ


CIMG5471.jpg
この雑に置かれた雑誌などもグッときつつ、
ビニールな椅子にもグッときつつ、
かわいいプラスチックな割り箸ケースにもグッと来つつ
レバニラ定食を頼むも味の方は
グッとはこなかった。


CIMG5472.jpg

ナイスで不思議な佇まいなんだけどね..........。。



最後に

NCM_0332.jpg

クワジロウ一家 病み上がりな長男坊レオ君初登場




インターネットという画面上だけで知り合って
一度も会った事も無い人間をお家に泊めてくれる


なんて、ほんと今なら普通なことなんだろうけど、
なんかすごい事だな〜と思いながら、さよならをした。

また会おう!と約束をしつつ.........