KAMPKAVU 

行ってきました!

KAMPKAVU!
 
榛名湖オートキャンプ場という標高1200Mの
群馬県のキャンプ場。

感想はというと.........

とても良いキャンプ場だったなあと。

区画されているサイトとフリーサイトがあると聞いていて、

断然フリーサイトでしょ!なんて思っていたのですが、
A&Fイベントスタッフの牛田君に
決められている場所に張って欲しいと言われ、
やむなく指定された区画サイトに居を構えたのだけれども、


はっきり言って、フリーサイトも区画サイトも関係ないほど、
区画の敷地が広く、木々が生い茂っていて、隣とかまったく気にならない
距離感だし、奥には広大な森も広がっているし、

とても良いキャンプ場だと確信致しました僕。

トイレもウォシュレットだし、ベビーシートも備え付いていて、

おむつも交換しやすい。

奥さんが、「結構良いわねココ」
なんてほざいていたが、
十分設備整ってるし、とんでもなくいいっつうの!

ってはなし。

シャワールームにはベビーバスも備わってるとか言ってたし、

そこいらへんに薪(たきぎ)はいっぱい落ちているし、


今時のキャンプ場は設備が整っているとこも増えてきたみたいだけど、

ココは"ちょうど良い設備"で快適なところでした。

これなら、テントさえあれば、誰が来ても快適なんではないだろうか?



11月になる寸前で標高も1200Mだったので、
夜はほんと寒かったけれど、星空もすごく奇麗だったし、

フェスとは違う雰囲気の緩さが気に入った
キャンプイベントでありました。

CIMG5889.jpg どっちが車だかわからないシルエットの我家のテント。
 ビッグアグネス ビッグハウス4 
4人用3シーズン 
(なので、すげえ寒かった。けれど、前室は寒さしのぎには快適であった。)
奥は敷地外の深〜い森。探検し放題!


CIMG5886.jpg
椅子に縛られて てめえの足を舐める事しか出来ない
キャンプデビューのテツビン君。


てこんな写真しか撮ってね〜よ自分。




夜のファッションショーは
お客さんのテントサイトを回ってモデルハントして
ボクのKAVUスタイリングを着てもらっての催しでしたが、
モデルの人たちがとても楽しんでくれたおかげで
良い盛り上がりでとても満足でした。
なんか一体感ていうか、村のお祭り的な?というか、
ほんと楽しくってとてもよかったです。
こんなお仕事ならいっぱいしたいぞ。
規模がちょうど良かったのかもな〜?


KAVUの社長ベイリーとはもちろん英語が話せずコミュニケーションも
バッチリとはいかなかったけれど、
グッドジョブと耳元でささやいてくれ嬉しかったです。
巨漢な副社長のなんだっけ?彼からはイチローに似ていると言われました。

A&Fの社長 赤津さんも僕らの目の前がテントサイトだったんだけれど、
軽く会話をしただけでした。もっと話したかったな〜。
一緒に焚き火囲みたかったけれど、
自ら足を運べるような度胸はありませんでした。

社員達が運営しているこのイベントに軽く関わりながらも、
自分たちのテントサイトで犬と戯れ
自分たちで飯を作り、一緒に来ていた友達らしきおじさんと
ひたすら焚き火をしておりました。
なんか その"イベント"と"社長"という立場に絶妙な
距離感を置いている感覚が妙に惹かれた部分でもありました。

捉えると、「社員を信頼して任せ、奥の方で見守る!」
てとこでしょうか?

日曜日、午後から雨が降り出してきたのですが、タイミングよく
テントを畳み、身支度をして、さりげなく退散している姿も、
なんか、
"わかってるな〜"感が漂い、熟練のキャンパーて言う印象でした。

そんな赤津社長と焚き火を囲めたら良いなと。
どんな遊びが好きなのかしてきたのか聞いてみたいですな。


そんな僕らも退散しようと足早に撤収作業に励むも、時少し遅く、
テントもキャンプギアもずぶ濡れでの退散となりました...........。

へ〜くしょん

まだまだだな。


お客さんの武田君から頂いた写真