また旅 丹波  

丹波に行ってきました!

またまた、神戸ファッション協会の酒井さん&
乱痴気 前川シャチョの特別な計らいで......

これで丹波に来るのは3回目。

NCM_0576.jpg


やはり、この山里好きですわ。

東京よりもめっちゃ冷え込んでおりました。

とりあえず 世話になっている伝市窯さんから出向く

NCM_0577.jpg

干し柿

NCM_0578.jpg

次の植木鉢企画についてお話をすすめる。

NCM_0586.jpg

打ち合わせに通されたお部屋にはところ狭しと、
陶器が置かれてあり......

NCM_0582.jpg

これは笠徳利という 和笠の頭に似ているデザインから
この名前がついたんだろうな。
丹波は 日用雑器として、徳利も有名なんだそうだ。

このカタチ面白い。しのぎの彫りが深く細かいので
熱くなった熱燗が手で持ち易くなっているデザインなのかな?
それか熱効率がよく、すぐ暖まるのだろうか?

デザインで理由を掘っていく作業は楽しい。


NCM_0584.JPG

これはカジカ鉢といって
昔、お殿様とか偉い人の趣味で、
奇麗な鳴き声のカジカ蛙の飼育用の鉢だったとか。
鉢の底部分に水換え用の穴があいている。
これで、湯がいたうどんとかそうめん食うのも乙なのでは?
と一瞬買うか迷ったけれど、3万5千円もする代物であった。

伝市さん曰く、うちにある在庫しかもう存在しないのでは?
をおっしゃっていた。
そういう言葉に弱い自分はまた迷ってしまった。


あぶねーあぶねー。


NCM_0588.jpg
それならばこの笠徳利買おうかな〜。。

これで熱燗飲むリサーチをしてみたい。

NCM_0592.jpg

伝市鉢さんは山野草の世界ではとても有名な鉢メーカーさんで
ドシロウトの僕らがお声かけするにはちと気が引けるような
鉢専門の窯元なんです。

そんなところで、オリジナルの鉢植えを作っていただく
のは快挙なわけであります。

来年の春が楽しみであります。