またたびたんば


伝市窯を後にして

陶の里」にて新作展を覗いてみると、

気になる器を発見

いわゆるスリップウエアでありまして......。

気になったので窯元へ行ってみることに。


NCM_0607.jpg

丹窓窯

NCM_0604.JPG


NCM_0603.JPG

うわ〜!良い器がいっぱい!

NCM_0597.jpg


やはり目線は間違ってなかった。

NCM_0599.jpg

え〜!!バーナード・リーチ氏の招きにより!?
イギリスに留学していた?!
だからスリップウエアが得意なのか!?

市野茂良という方らしい。

奥様が出てこられて、いろいろ話を聞いていると、
今年の6月に他界されており.........。。え〜!!!



おじいさんの市野利雄(丹窓)さんもとても素晴らしい
作品を作っておられた方。
圧倒され興奮する。

NCM_0594.jpg

筒書きという釉薬を筆のように操る技法が得意だったらしい。

これは「いろはにほへと」が漢字で書かれているらしい。

読めないけど......。

NCM_0602.jpg

これかっこいい。

升?

舛?

NCM_0600.jpg

これもすげ〜な〜。

NCM_0595.jpg

ジャネット・リーチというバーナード・リーチの
3番目の奥様が2年ほど、この丹窓窯で修行してたらしい。

NCM_0608.JPG


NCM_0610.JPG

のぼり窯をみさせていただく

後ろ姿乱痴気シャチョさん



NCM_0617.JPG

NCM_0612.JPG

うわ〜おじいちゃんの筒書き大皿が割れちゃってる〜!!
ほ 欲しい。。。


NCM_0618.JPG

登り窯に住んでるアリ地獄君達

アリ地獄大好きです。


NCM_0619.jpg

かけらが砂利みたいにたくさん。。

NCM_0621.JPG


NCM_0620.JPG

NCM_0623.jpg

工房の中も見させていただき......


NCM_0624.jpg

はれっ?!おじいちゃんの作品、まだ仕上がってないやつ発見!

こっちも!!??

NCM_0625.jpg

これはきっと高い値がつくのかなあ?なんて、皮算用してひとり喜ぶ。

NCM_0628.JPG

奥様 と釉薬のはいった壷。

この無造作に置かれた感じがまた良い。


修行中の旦那様に会いに、幼い子どもを抱え、イギリスに
出向いた時の大変だった話を聞いたり.....。


今は、奥様が作陶されているんだそうです。
丹窓窯を引き継いでいるんですな。


でも女二人になってしまい、窯に火を入れるには、

お弟子さんだった方々を呼ばないといけないそうで。。。

だから登り窯は最近は使えてないそうなんです。。

このままだと丹窓窯は.........。。。

なんて勝手に心配してみたりしました。

NCM_0630.JPG

おばあちゃんともお話しすることが出来ました。
おばあちゃんは、柳宗悦にも浜田庄司にも河井寛次郎にも、もちろん
バーナード・リーチにも、ルーシー・リーにも
あったことがあるんだそうです!!
興奮しながら話を聞いてました。
ジャネットさんが居候している時はご飯が大変だったんだって。
遠いところから、お肉やパンを探して買ってきていたそうです。

とても楽しい時間を過ごせた丹窓窯でした。

また遊びにきたい。

制作室で嫁、姑と貴重なお話し.jpg

食事に苦労した話を3回話してくれたおばあちゃん。

(写真 K.F.O.酒井氏)

机は元雀卓(笑)

いきなりの訪問なのに1時間半も接してくれました。

とても暖かく接してくれたので、

弟子入りしようか5分ほど妄想して悩んでみました。


丹窓窯を後に

いざ俊彦窯へ

囲炉裏でお茶を一服.jpg

(写真 神戸ファッション協会 酒井のおっちゃん)