丹波 篠山の 窯元のある街並

丹波の街並はとても好きです。
佇まいが良い。
歴史も感じるし、歴史があるからこその
街が地元の風土に合わせて
デザインされているなと感じました。

こういう街並は岩手にはないです。
日本の中心地だった場所が近いからというのもあると思うけれど、
やはり、西日本の山里は奥深くても歴史を
感じられるのが魅力の一つなのかなと。

表面だけ、昔の建物風にして観光地ぶっている市町村も多い中、

(こないだいった地元の遠野の駅前が昔"風"のわざとらしい佇まいだったのがちょっと残念。。) 

しっかりと、地元の風景に馴染むようにいじられていて、

とても良かったです。

すぐ影響を受けやすい自分は........、

住みたくなりました。得意の妄想を
5分だけしてみました。

NCM_0648.JPG

以前も紹介した石垣に佇む階段。

植物も石垣の隙間に格子柄見たくなっていて、

小花も咲いてるし、暮らしに彩りを感じる。(なんつって)



NCM_0649.jpg

スリップウエア調のタイル

丹波の各窯元がそれぞれ街作りに参加しているのだろうな。

NCM_0650.jpg

半分砕けちゃったのね。。。。ちと残念。

NCM_0651.jpg


NCM_0653.JPG


NCM_0654.jpg

マンホールにまで陶器のデザイン!サギソウって篠山の花なんだね。

NCM_0655.jpg

消火栓上水道に駐車禁止って。意味があるか分からないけれど、

良いデザイン。

NCM_0657.jpg


NCM_0661.jpg


NCM_0662.JPG


NCM_0666.JPG


NCM_0672.jpg

?日本刀と窯?関係あるのか?

NCM_0673.JPG

至る所に転がっている陶器。
盗んでもバレなそうだけど。 さすがに出来ない。
これ欲しい。

そんな丹波の旅でした。

今度は家族で行きたい。

てのと、もっと他の窯元とか覗いてみたくなりました。

西日本の山深い山里を攻めてえな。