風呂の楽しみ

自分

風呂のお湯を溜めている最中から

風呂に入ってるのが好きな性分なのである。

むかし、「じみへん」という漫画にも

そういうネタがあったような気がするが......。

寒い状態から徐々に水かさも増えていき、

少しづつ体が温まっていく感覚がたまらなく好きなのである。

水位が低いときは、もちろん出来るだけ低い体制をとる。

その現場とか見られたら結構恥ずかしいものがあるだろうが、

体の体積を出来るだけ浅い水位に

浸るような体制を考えるのが楽しかったりする......。

赤ん坊と入るために水位が低い状態で入る方が安心なのもあるが、

その一番の楽しみを独り占めするために、風呂を洗う担当をして、

蛇口をひねり、既にその時点で素っ裸。

という訳である。

............

自分、正月前から何を暴露しているのか?自分でも意味が分からないが、

風邪ということで許してしまおう。

もうひとつ、風呂に入っている最中に

汚れ水垢に気付き、素っ裸のまま小一時間徹底的に風呂そうじをするという、

楽しみもあったりする。

これにかんしては、呑みの場で話をしていて、複数

「解る〜!」という人間に出くわしたので、恥ずかしくはない。

以上、正月前のくだらない風呂話でした。

CIMG6228.jpg


CIMG6229.jpg

CIMG6230.jpg

CIMG6232.jpg

CIMG6233.jpg


CIMG6235.jpg

CIMG6236.jpg

CIMG6241.jpg

CIMG6242.jpg

CIMG6243.jpg

CIMG6244.jpg

CIMG6247.jpg