谷シル

大分の国東半島に住んでいる

谷シル こと、谷知英君は保育士で、
そんな保育士の谷シルとはどこで出会ったんだっけ?

出会ったというか知り合ったという方が正しいのか?

確か自分が 以前ZOZOのサイト内でブログというもの書かせてもらってた
時に、知り合った気がするな?
たしか、ZOZOブログがZOZOピープルに
SNS化した時に知り合ったんだった。
いわゆる、インターネット上で友達になるというそれ。
フェイスブックやツイッター?が普及しきってきた
今ではもうすっかり当たり前な、インターネット上で知り合うっていう事。
その当時のアナログな自分としては、とても不思議なものだった。

自分がインターネットで知り合って仲良くなった第一号。

それが谷シルくんなのである。

その後、同じようにZOZOで大阪の大谷篤と知り合った。

それから何年経ったのか?

VALLICANSとしても繋がった谷シル。


そんな谷シルのブログを久しぶりに覗いてみると、

やつはとても面白い事を成し遂げていた。

数分釘付けになって、何度も見返した。

これを一人でやったのか?
声かけてくれた人が手伝ったとしても、2〜3人で

この空間を作り上げたのか?と思うと、

勝手にPCの画面を目の前に朝から感動してしまった。

谷シルすげえなと。この空間もすごく良い!!!


PCの前でふと、

こういう事だよな.....と改めて深く感じた。


店じまいしてクモの巣が張っちゃった元金物屋さんの物件を、

老若男女のいろんな人々が集まる

空間に戻して、生き返らせた。


たった10日間の催しだったのかもしれないが、この反響に
この空間は継続し続けられるのかもしれないな。
INDOORPARK?的この元金物屋さんが 
あたらしいコミュニケーションツールの新しいお店となって復活?
街が若い人の動きで蘇るという世代交代&街の存続。

その街らしさを残し続けた上での跡継ぎ&進化が理想。

こういう活動は既にいろんな地域で行われているのであろうが、
インターネット上で知り合った初めての友達が、
こういう町起こしを成し遂げているっつうことにすごく感動したっつうわけである。

ココ一年以上腐ってた自分にとってはすごくいい刺激になったぞ!

腐ってた分、堆肥に成り切って、これからそこに植物を植え始めていこっと。

なんつって。