なぜこうしたのか?


丹波の
俊彦窯俊彦さん
お願いして作っていただいた、ビアマグ(左)。

なぜこのような釉にしてもらったかというと、

NCMあ_0421.JPG

丹波の特徴的 釉の掛け方だからなのだ。

(右 ろうそく徳利 俊彦窯 中 小壷 丹窓窯 左 ビアマグ 俊彦窯)

白化粧した上に鉄釉を上から掛け流している。

それをマグに採用という単純極まりないアイデア。

持ち手も釉を掛けてもらえば良かった。


揃うといいな。


NCM_0422.JPG