秘密基地

先日の話

厚木の裏山へ行ってきた

とてつもなく久しぶりに。

そこは井上純の実家の裏山で

3年ほど前?に親父さんから許可をもらって、
竹やぶの中を刈り込んで秘密基地を作ったのであった。

2年ぶりにいってみてびっくり。行くまでの山道も
人が通れないくらい、どこが道だったか
解らないくらいに荒れ果てていてビックリ。
薮こぎをしてやっと尾根にたどりつき、道っぽいのだけど、
明らかに以前とは変わっていて、
人が入っていないであろう道というか、道とは言えないほど、
自然体に戻っていた。

秘密基地に到着。
基地内に改めて竹が蔓延っているのは理解出来たが、
刈リ取った竹で作った竹の壁とか
その他諸々自分たちが作った人工物が 見事に跡形も無くなっていた。
土に還っていたのだ。

たった二年で朽ちて土に還ったその残骸を見て、
自然の摂理を改めてちょこっと学べた気がした。

人が入らないと、こうも簡単に自然の姿へ戻っていくものだな。
と思いつつも、逆に言えば、2年もかかってここまでしか戻らないのか?

という見方も出来るということか?

難しいこと考えても答えは出せやしないのだから止めとこう。


久しぶりの山遊び。というか、作業と言った方が当てはまるほどに、
蔓延った竹を刈り込む作業を楽しむ。
秘密基地を元に戻す作業である。

純が後からやってきた。

山の中で焚き火をする。

CIMG8425.JPG

後から純のお母さんから聞いた話だと、先日中学生が
同じ山で火遊びをして結構な大騒動になったって。。。
大人として、焚き火するなら、充二分に気をつけてやらねばならないと改めて
思うも、やはり焚き火は楽しい。


CIMG8426.JPG

純とも久しぶりに会った。
相変わらず、自分以上に子供のようでいて.....、
なんて思っていたのだが、話していくうちに、
凄く大きくなっていて、パワーというか何かみなぎるものを感じました。

純が母校多摩美で行ったライブペイント映像を見させてもらったのだが、
思わず、自分も描いている立場に錯覚しながら見入ってしまっていた。

改めて、魅力感じるキャラになっているなと、実感したところであった。

CIMG8429.JPG

焚き火で湯を沸かして、お茶を呑みながら......。

純と打ち合わせをするのなら、事務所などでいかにも

打ち合わせ的に話すのではなく、外で打ち合わせたかった。

だったらと、久しぶりに来た秘密基地。

やはり、遊びながら話すって方が自分たちには向いているなとも実感。

まあ結局、打ち合わせた時間はほんの5分程度であったが......。


できたらいつもこういうスタンスが良いな。

CIMG8430.JPG


CIMG8433.JPG




で、こないだの日曜日は
待ちに待った日本民藝館展!!

NCM_0429.jpg

NCM_0424.JPG

おや?!この洒落たお方はもしや

NCM_0428.jpg

初めて奥様とご一緒 25番目の整理券を頂く。
奥の方には あれ?先ほどの洒落た方の背後に......


NCM_0433.JPG

井上夫妻と遭遇!!!
初民藝館展で意気揚々




結果

岡部家 入選作一作品
奥様  小鹿田焼の片口すり鉢を一つゲットのみ
良〜く考え、吟味吟味で、散財を抑える結果となった。

NCM_0435.JPG

その後、久しぶりに4人でランチ。むかし、ナチュラルハイというイベントで
4人でキャンプしたことがあったっけ!

こどもがいないと、こんなに楽にランチが食えるのかと

義父義母に感謝なり。