憧れてしまうヒトって


憧れてしまうヒト って 


な〜んとなくひっかかる事があって、

その何かがよく解っていない時に

ドッカーンとぶつけられた衝撃が、

影響されて

その行動や姿勢や考え方に共感し

接していくうちに

自分もそのように成りたい

と強く想うヒトに対する感情.........。

なんて長ったらしい説明は必要ないんだけれど、

誰しも、影響を受ける"ヒト"はいるはずで、

ではそのヒトはどんなヒトか?

ってのは、自分の成長とともに対象も変わっていくのだ。


坂本龍馬という日本の先輩がいて、

男子から とても憧れられる ヒト の一人だと思うが、

司馬さんの 「竜馬がゆく」 なんて読んでいると、

自分自身に自惚れて

竜馬に当てはめて読み込んでしまって、
(大体どのような本を読んでもそうなっちゃうけれど...)


その結果、憧れてしまうヒトってのは

海舟勝麟太郎となるわけである。


そんな勝さん は 本来のところ、

坂本竜馬なんぞ土佐郷士が

手に届かないお人なのであろうが、

竜馬自身が動いた事によって、身近な存在になったわけで、

その身近な勝海舟に"ピン"ときて

憧れて

接して 更に惚れ込んで

彼の人生の方向を大きくを変えてしまい、

あり得ない コト を成し遂げられたんであろう

と思った。

そんな竜馬にも憧れるが、

竜馬が尊敬している勝海舟の方に憧れを持ってしまう

という、半ば自惚れた話.........。

どうもすみませんw


影響を受ける人はそれなりにいる。

大なり小なり。

でも、憧れてしまうヒト 

そうなりたい って心底思えるヒト を見つけられる事は

幸せである。

改めて、竜馬がゆく を読んでいて思った。

歴史上の人物でもそうなのであろうが、

自分としては、"身近"に存在するということが

でかい。 

だって可能性を感じやすいから。