エプロンおじさん

いきなり今日から非常に暑い。

どうやら、梅雨も明けたみたい。

極力軽くて涼しい服を着たくなる季節が到来。

バッグは持たずに手ぶらで行動したい。

んで、ここんとこ気に入って出かける時はだいたい着てしまうのが、

suoloのグリズリーエプロンである。

ライフタイムのサイトで知った。

ハンティングベストをモチーフにした

本来はガーデニング用のエプロンである。

このエプロンを着て出かけると、財布とか携帯とか

電車ん中で読む時の小説とか出し入れ簡単で便利。

今日のような熱い日の薄着だと、ポケットが無くて、荷物に困るが、

これを着れば手ぶらで自分にはもってこいなのだ。

着るバッグである。

背中が開いているから、意外と涼しいし、最近はほぼ毎日着用している。


始めのうちは喫茶店かなんかの

ウエイターみたいで

バイト?みたいでちょっぴり恥ずかしかったけど、

今はまったく気にならなくなってしまった。

そんなタイミングで、.fataleのこの記事

見かけてしまって、密かに共感してしまった。

牧野さんという男性料理研究家はれっきとした

エプロンおじさんらしい。

自分何ぞはエプロン好きとしてはの端くれであるが、

彼の「洋服との調和があれば、外に出かけてしまっても構わない」

という言葉に惹かれてしまった。

使う用途はずいぶんと違う訳だけれども、

僕としては、

ハンティング風ベストやフィッシング風ベストを

着用してお洒落しているヒトと何ら変わらない感覚なのである。

どちらかというと、多機能ベストを着ているおじさんの

部類なんだと思うが。。。

とにかく、このグリズリーエプロンは

エプロン男子初心者にはもってこいの

お洒落エプロン兼多機能エプロンな訳である。

ちょっと、牧野さん張りに、

エプロンおじさんと呼ばれたくなって来たぞ。

料理でもしようかな?

でも、牧野さんがはっきり言っておられた、

「気の利かないヒトでしょうね。お料理も下手なヒトは。」

という言葉にも反応してしまった。。

とりあえず、この本を買ってみようと思う。

料理上手くなりたいな。。




IMG_9608.jpg

Beer Pocket

The best 01.jpg

アメリカンな多機能ベスト好きおじさん。
きっと好みは同じ方向であろう。