カメラマンの目線


GOOUTでの連載SOTOKENの締め切りギリギリの日

いつもの鵜飼邸で 最後の編集作業。

急遽、次男坊を連れていく事になり、仕事にお邪魔。

久しぶりのアルバ(鵜飼犬)に再会するも、やはり「犬」を

理解し始めたのか?

怖がって、俺の膝から降りれない状態に。。。。

あれれ。むかしは"動くモノ"くらいにしか感じてなかったのかね?

これでは仕事にならぬと、

俺が原稿を直している間、カメラマン杉崎に抱っこを頼んでいたら、

いつの間にかお眠モードに。

鵜飼邸のソファに寝かせてもらう。

どうにか仕上げも終わり、家に帰ってみると、パソコンに

杉崎から写真が届いておった。


中々いい写真だね。なんつって。

最近のフェイスブックなんぞをみていると、みんな写真が上手いな〜

なんて思っちまうから、これもフェイスブック的ネタ

程度のものになっちゃうのかもしれないが、

自分としては、自分勝手にできる、自分ブログにバカ親気分で

アップさせて頂き候。

いや〜写真である。

次男坊からあんなに怖がられていたはずのアルバが

ご主人様こと"テツビン"を守っているかの勇姿に
笑みがこぼれちまってバカベフミヒコ.....。

眺める事30秒×3

J太郎 三球!である。

杉崎フォト01.jpg