報いる事への一歩


本当に哀しくて悔しかった。

この週末。

一つの出来事が、自分にとって、とても大きくのしかかって来た

この週末。

とても辛い事ではあったけれども、

そのお陰と言ったら失礼なのかもしれないけれど、

久しぶりに顔を合わせた人達が多くて、

これもヤツのお陰なのかなと、親身に感じた今日。

ヤツは、これだけの人々から愛されていたのかと、

皆が思っていたに違いない。いや、想っていた。

自分だったらこうはなるまい。

おかげで、ずっと会っていなかった仲間と

今宵 腹を割って話し、呑む事が出来た。

みんなヤツの事を想い、それがきっかけとなって、

みんなで仲良く話し、言いたい事も言い放ち、

昔のように戻れた気がした。

あいつが導いてくれたわけだし、あいつのお陰で

みんな何かを教わった気がして、

それを共有できて、盛り上がった。

だれだって、人から嫌われたくないし、嫌いたくはないし、

愚痴なんていいたかないけど

おもわず愚痴を放ってしまう。

中々出来ないそこの部分を

身を徹して教えてくれたのかなと、

なんとなくそうおもった。

皆から好かれるヤツ。


ヤツのようになりたい。

成れたら幸せなのだと思い知らされた一日であった.