ローカット一辺倒


おっさんになるにつれて、面倒くさいのがさらに苦手になってきた。

ファッションを意識するようになった高校生当時は、
ファッション雑誌を読んでは、「ブーツ」という履物に憧れ、
盛岡の数少ないセレクトショップで、エンジニアブーツや、ウエスタンブーツ、
リングブーツ(懐かしー)、ダークビッケンバーグのブーツwなどブーツならなんでもよかったっていうくらい、追い探し求めるが、田舎だからまず売ってない。

image07.jpg

当時雑誌で見て憧れてたビッケンバーグのブーツ。。
今見ると、面倒くささ極まりないデザインだな〜と思っちゃうが、当時は
斬新なデザインで値も高いし憧れの一足だった。
今のビッケンバーグも大丈夫か?ってくらいイケてなかったけど。。



で、

勉強した挙句、なんかかっこいいと思って辿り着いた「Mod's」というスタイル。

偽モッズだった自分は、やっとのことDr Martensというゴム底のブーツに焦点を定めブーツというものを人生で初めて手に入れた。

ゴム長靴以外で。

BOOTSって長い革靴が、ファッションアイコンとしてとても魅力的だったのだと思われる。

これ書いてて思い出した昔話は......
憧れのDr Martensを高校に履いて意気揚々と通っていたある日の帰り。
部室へ行こうと、自分の下駄箱を覗いてみると、
履いてきていたはずの8ホールが無くなっていた。
初めてパクられるという経験を味わう。
めちゃくちゃお気に入りの唯一のブーツを盗まれ、上履きで帰る
惨めさったらなかった。

んなことを思い出した。

東京に上京してからもブーツ熱は冷めなかったけれど、
ここ何年かで、ローカットの靴でないと履く気にならなくなっている。

要は、面倒だから。

山靴は特に面倒くさい。

ごつい山靴でかっこいいローカットのブーツを探していた。
ダナーにローカットがあることを知っていたけれど、
写真でみる限りではイケてると思えなくて、ほっといていた。

先日、ダナーからweb取材を受けて、ギャラの代わりに一足を頂けるということで、
折角だからと、ローカットを頂くことにした。

さらに、
面倒くさくないようにと、サロモンのクイックレースに変更してみた。

色はもちろん白。Dr Martensを彷彿させるカラーコーデで。


IMG_3652.JPG


これがまた抜群に今の気分。

ここ最近はほぼ毎日スニーカーしか履いていなかったけれど、
このダナーのローカット。最高に具合良い。紐も上手いことハマったし、
なんせ、履いている人は非常に少ないと思われるから、ひねくれ者としては
優越感に浸れる。

こいつで山登りしても良いだろうし、何かと活躍しそうである。

とにかくローカットは楽である。このクイックレースもサイコー。

IMG_3648.jpg