HOME> BLOG>

2013年6月

正しい使い方!?

CIMG9042.jpg


CIMG9043.jpg

麻雀!?

しかも、面子が6人というところが良い。

タープ。麻雀。ゴザ。クーラーバッグ。ビール。

理想的親父の外遊び。w



巣箱


へたくそながら流木で作って置いておいた

うちの庭の巣箱。

NCM_1444.jpg


気が付いた時に適当に、鳥のエサを蒔いてた事が効いたのか?
去年と違って、春頃から、色んな鳥がやってきていた。
なんか都会の箱庭ででも、かすかに自然を感じられる変化が
我が家の小さなシアワセにプラスされた。

スズメを筆頭に、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ、キジバト

でも時期が終わると、やっぱりスズメちゃんだけしか
来なくなったのだけれど。。。


で、先日、朝起きると、早くから起きていた奥様から.....、

「ねえねえ、朝、何気なくカーテンを開けたら、巣箱の穴に
黒猫が手(前足?)を突っ込んで騒いでたよ!」

寝ぼけ眼な自分も「マジで!」

「っつう事はトリが巣を作ってるってこと?!?」


ここ何週間前からか? 
新たな鳴き声を聞き続けていてちょっと気にはなっていた。
時折姿を見せて、調べてみると、
鳴いているのは四十雀(シジュウカラ)であった。

もしや、と気になって観察していると、

NCM_1445.jpg


なんと、四十雀が自分とこの巣箱に入って行くではないか!!

とても嬉しくって、その日から毎日気になっては見るようになり、
鳴き声が聞こえると、こっそり窓辺に近づいて観察するのが
楽しくなった。

どっかに居なくなっては帰ってきて、の繰り返し。
どこに行って、一日何度戻ってくるのか?

もう、卵ちゃんは産んでいるのだろうか?


でも、植木の隙間に挟むように設置しただけの巣箱なので、

毎朝、ネコが襲いにやってくるからか?巣箱が傾いた状態になっていて、
気の毒でそ〜っと直しに行くと、バサバサっと、中にいた四十雀らしき鳥が
飛び出してどっかへ飛び去って行く。

でも次の日にはまた戻ってきている。

いつの日か喰われちまうんじゃねえだろうか?

なんとか対策せねばと、違う場所に、しっかりとタイラップ等で樹に

固定して設置することにした。

すると....、

我が家に帰ってきた四十雀。

巣箱の周りをぴょんぴょん飛び回って変化に反応しながら、

最後に素穴前まで来る。

良かった入る入る!!という寸前で、

中には入ろうとしない。

二日め。 同じような行動を見た。けどやはり入らない。

三日め。  鳴き声を聞かなくなってしまった。。。

四十雀「俺の家っぽいけど、なんか違くね?!」と思ったのか?

四十雀「なんか人間の匂いがする!ココ辞めよ!」なんて思ったのか?

解らないが、結局もう姿を現さなくなってしまった。。。。


自分は余計なお世話をしてしまったみたいだ。

うぅっ。。。。。とても残念無念...........。

本とかで、「人間の匂いが付いた巣箱にはもう鳥は寄り付かない」

とかだったっけ? 読んだ事があった様な気がするが、

何度か、傾きを直しても、戻ってきていた四十雀。。

ちょっと場所を移動しただけなのに、それがいけなかった。

あの声が聞けなくなったのが、ネコではなく、自分が原因という事に、

深く反省をしている。

あ〜寂しい。 小鳥の「ピヨピヨッ」つって巣立って行くところまで

味わいたかったっす。

というちょっと長くなっちゃった話。

  • 1