HOME>

BLOG

一年


憧れの

『山』

に引っ越してきて、ちょうど一年が経った。

詳しく言えば、2020年5月20日にこちらに向かって東北道を
突っ走ってきたのだが、コロナ禍が始まったばっかりのタイミングだったので、
実家に4日居て待機、親とケンカして24日の夜に岩泉の山奥にやってきて
約1週間待機。

岩手に入ってから、2週間目にして、やっと外に出て活動を開始できたのがちょうど、
昨年の今日ってわけだ。

なんというか、不思議な一年だった。
今まででは考えられないような生活をして生きているのがなんとも不思議で。。。。
東京から岩手の山奥に移住したってだけでこうも違うのか?!
日常が?!いや常識そのものが?!
いや、その前に
他の人のブログやSNSの投稿を見ても、同じように「2020年は怒涛の日々だった....」
的な内容の人が多いかと思うが、コロナ禍によって確かに激変した。
世界中の人誰もかれもが。

そんなタイミングで俺は山奥にやって来てしまったんだなあ。。。。
とも思ってもみたりするけれど、。

てか、東京で暮らして来たこと自体が、なんか浮ついているというか?
遠い過去だったような気もしたりして、ほんと、変で不思議な気分だ。

とにかく時間のペースが違うし、四季も全然違う。同じ日本なのにこうも違うのか?

俺にとっては、26年ぶりの岩手の四季、を今堪能しているわけで、
やはり懐かしさが混じる。
雪解けは気候変動のせいか?思った以上に早いけれど、
雪から頭を出すフキノトウを見て、
春を感じられたことはとても嬉しい再会であった。

カッコーの鳴き声も聞けたし。(聞きたかったのよ!こののどかな鳴き声が)
子供の頃の記憶に残っている、
岩手の田園風景や、カエルの鳴き声、ヒグラシの鳴く音、
夜風の涼しさなんかを身に沁みて
味わえていることが何よりも嬉しい。(途中)

   雨なもんで、だらだらと、午後の時間、

ユーチューブでも流して昼寝を仕込んでみようと試みた。

すると画面からは、はっぴいえんど と出てきて、思わずポチって観てみた。


https://youtu.be/LSa3p4W0ZnA


最高だ!冒頭からギュインと引き込まれて、

昼寝なんてすっぽかして夢中で観てしまった。

つ〜か、なんで、はっぴいえんどが好きになったか?

というと、当時の時点で、唯一無二なことを作り出した人たちだから。

しかも4人それぞれの個性もすごいバンド。

音楽のことは詳しくないが、自分にだって理解できた、

他には無いことを作り出した日本五、六区の先駆けとか言われているが、

それだけじゃ治らない人たちなんだろうと思う。研究に研究を重ねて、センスをぶつけあって

作られた曲は、歌詞だけでもグッとくるのに、音もひたすらかっこいい。

そんな人たちがまたこの番組をきっかけに再開して話をしている。

日本は、外国の真似ばかりしているのは、島国上、必要でもあるし、

仕方のない文化の形成なのかもしれないが、

その中ででも、アメリカの音楽に英気響を受けつつも、

日本人らしさ、オリジナル、唯一無二

を作り上げるということはなかなか できることではないかと思う。


俺もそんな人になりたいなあという憧れで、今も生きているんだったなあなんて、


少し暑くなり、久々にぽちぽちと、パソコンで文章を書いてみた。。

真似から始まったとしても、他の誰もやっていないようなことをやって

生き続けて生きたいな。

なんてふと思った。

しかし、風街ろまんは 東京オリンピック以前の東京の風景だって話はびっくり。


2020年のオリンピック開催のためにも、ありえないほどの金を使い、

決まった翌年から東京大改造が始まった。

三陸岩手は、コンクリートの味気のない町で工事完了みたいな空気感だが以前。

ほんとオリンピックってどーなんだかなあ!なんて改めて思ってしまった。


日本の風景を変えてしまうのがオリンピックというイベント。

俺はやっぱり、日本らしい風景、景色を今からでも取り戻す町スタイリングに勤しみたい。

自分が住んでいる集落だけでも。。。死ぬまでに。

  • 1

月別 アーカイブ