HOME>

BLOG


 


 岩手県は、良いのか悪いのか?感染者が未だに一人も出ていない。

だから、緊急事態宣言が全国的に解除となった日
(その日がいつか?よくわかっていないが)が来ても、県外移入者は
2週間の自宅待機をこなさなければならない。

東京を出発して、直接現地へ行こうと思ったものの、盛岡からさらに山道を
2時間以上走らなければならない山奥の移住先には片道8時間半かかってしまう。

長距離といえども、せいぜい4時間くらいのドライブには慣れている自分だが、
その倍の時間をノンストップとなると心配になってしまう。

道中、移住担当の人と話していると「2週間待機は県内ならばどこにいても良い」
との話を聞き、自分の実家は小岩井にあるので、寄ろうか?少し迷ってしまった。

「むしろその方がこっちもありがたい」と担当者には言われたものの、
実家には身体の弱い親父がいる。だから躊躇した。行く前までは寄るつもり
なんてなかった。もし俺が無症状の感染者だとして、
「伝染してしまったら親父は確実に死ぬ。しかも県内初の感染者が出た!
なんてシャレにならねえ」なんて弱気心もあったからだ。

母ちゃんの「(長時間運転は)危ないから家に寄ってった方がいい」
なんて甘い言葉に誘われて、結局実家に立ち寄ることにした。

恐る恐る玄関を開ける。取手も素手で触らないように気をつけて。
3日間はマスクをしたまま過ごした。
なるべく親父にも近づかないようにした。

4日経っても家族共々平気だったので、マスクを外して、人が居ないことを
確認してから、目の前の抜けのいい田んぼ地帯を散歩することにした。

人の多過ぎる東京での2ヶ月の自粛生活は、極力自宅待機にひっそり暮らし、

人気のいない多摩川で子供とこっそり遊ぶ、
なんてことをこなして来た自分だったけれど、
今は、実家の目の前のだだっ広い田んぼの中をひとりポツンと歩いている。
とても気持ちがいい!俺の地元は「こんなに気持ちの良い場所だったのか?!」
なんて、やけにオーバー気味に感じ入ってしまった。

ただでさえ人がいない。こんな状況だからさらに誰を見かけることもない。
なのに、
まるで泥棒のような気持ちで、
世田谷ナンバーで東京から逃げて来た、わけでもないのだけれど、
周りの目を気にしながらヒソヒソと過ごしていた4日間が、
なんとなく馬鹿みたいに思えてしまった。。。。

何やってんだろ?俺。なんて思いながら。。。

次の日の朝は子供の頃によく遊んでいた小岩井農場の敷地内を流れる
名もなき川へと散策に出かけた。釣竿を持って。

絶対に誰とも合わない秘密の場所。
子供の頃は、探検だ!なんつって、友達と川沿いを歩くって行為に
興奮して遊んでいた、その川はおっさんになって歩いてみると、
やけにちっぽけな川だなあ。。なんて拍子抜けしながらも誰にも干渉されない
この時間を思う存分楽しんだ。 

川の底にムール貝のような貝が落っこちてる。
誰かが食べた貝殻が流れて来たのか?と思ったけれど、拾い上げてみると、
生きていた。ひとり森の中でびっくりしていると、川底には無数のその
ムール貝みたいな貝がゆっくりとパクパクやっている様子が見えた。

こんなところに貝がいるなんて!ひとり興奮した。
あとで友人に話すと、それはイシガイの仲間じゃないのか?と教えてもらえた。

子供の頃には気がつかなかった、知らない生き物がいることを知ったことに
興奮した。

毛針をキャストするものの、緩やかな流れで静かすぎるその川の魚は、
俺の体の動きだけで一目散に逃げていってしまう。

結局一匹も釣れなかった。

小岩井農場のどこかが水源であるその名もなき川は、"渓流"とは程遠いほどに
岩も石も無く、ゆったりと流れる"土の川"であることがわかった。

東京近郊で言うところの、忍野の川に似ている。

つづく








IMG_6060.jpg



IMG_6061.jpg


IMG_6066.jpg


IMG_6020.jpg


IMG_6026.jpg


IMG_6028.jpg


IMG_6031.jpg


IMG_6034.jpg


IMG_6038.jpg


IMG_6040.jpg


IMG_60511.jpg



 



山に暮らす

山暮らしは始まったばかり。

それまでは東京の世田谷というとても便利な都会に住んでいたわけで。
どちらかというと、都会生活の方が長かったわけで、
人生の半分以上は都会人だったわけで。
だから、田舎育ちっつったって、言葉も気分も都会人的になっていたことは否めない。

でも色々考え、選んだ進路は、岩手にまた住むということ。
Uターンというわけではなくって。

岩手でも実家のある地元ではない市町村に住むということ。
しかも、暮らすならば、より山奥の過疎地が良かった。
より東京という便利な生活からかけ離れた場所で、住んでいる人たちに、
山の暮らしを学びたいと願った上で探した場所。。。

『地域おこし協力隊』という国がやっているプロジェクトがあるなんて知ったのは
昨年のことだった。


それから友人の力も借りて、田舎暮らしの構想を練り、
"練る"なんてほどのこともさほどしてはいないが、視察して、面接して、

岩手での山暮らしをこの半年の間に決めちゃいました。

家族はそのまんま東京生活を送り、単身赴任的に、

というかワーキングホリデー的に、お給料をいただいて、
地方に住んでその市町村のお役に立つ活動をする、という内容は、

小心者の自分にとっては
とてもありがたいシステムだった。

おかげさまで、内定も決まり、いざ岩手へ!
ってタイミングでこの騒動。。。。

行けなくなっちまった〜!と思い込んでいたものの、

役場周りの人たちが頑張ってくれたおかげで、
晴れて、20日から岩手入りを果たす事ができたのだ。

ずっと憧れてきた山暮らし。

どうにか始まりました。これからどうなっていくのか?!ドキドキが止まらねえ。

IMG_6260.jpg


進むその先

ずっと迷っていた。 
東京に暮らし続けていくことは自分が本当に望んでいることなのだろうか?
もともと人見知りの我輩が、なんとなしに大都会に住み始め、
目の前に見えた道ばかりを進んでみたならば、いつのまにか今の地点までやってこれた。
会社員、専門学生、スタイリストアシスタントを経て、スタイリスト。
この時期が自分にとって華のあった暮らしの日々って感じだったのかもしれない。

でもなぜか?そこから道をずらして、アウトドアの世界に突入。
自分自身で何かカルチャー的な行為を始めてみたくなって
バリカンズなる活動も始めてみたものの。。。
そんな、"道から外れる" 行為は簡単ではない事がよく解った。

ひねくれた性格は、いつものように軽い気持ちで脱線して見ると、
思わぬ方向に進んでしまったりして。。。。

自分でも辛かったけれど、改めて、辿った地点(流れ)を見返してみると、
これはそんな間違ってもいないのかな?なんて思えてしまう。

進むべくして進んで来ているに違いない!
と思えるようになれたのは今頃、なんだと思う。

やっとである。

意識を変えられるように"馴れた"んだと思われ。。。。 

ファッションという華のある世界から、
アウトドアファッションをきっかけに、
どっぷりとアウトドアの世界に引っ張られて、
いつのまにかファッションが好きじゃなくなってしまっている自分もいた。
それは結構哀しいものでもあった。
自分が気持ちよく過ごしていた世界から引き千切られるような感覚。
でもそれは自らが望んじゃって歩んじゃって進んで来ちゃった道であって。。。

トンネルを彷徨い続けているような感覚だったけれど、
なんとなく遠くに光が見えて来た、
そんなタイミング。

それが今だ。

我が地元岩手に住む。

これからまた、第一歩目の暮らしが始まる。

暮らし研究


IMG_6113.jpg

 
子供の頃のような、感覚だけで『面白れえっ!』と思えるような外遊びを
試し続けてきて40も半ばになってしまった。
今までいろんな遊びを嗜んで来て

"外遊び研究所"

なんて雑誌連載まで掲げて10年やってきちゃったけれど我輩の場合、
プロにもなれちゃいそな「追求型」ではなくって、
一生素人的、広くて浅くて飽きっぽい「雑食型」でずっとやってきたわけで....。
でもそんなユルい姿勢だからこそSOTOKENも100回も続けてこれたんじゃないのか?
とも思える。
どんな「モノ」「ゴト」でもそうなのかも知れないが?
「外遊び」もヒトの性格それぞれこの2型に分かれるように思える。 

 追求するってことは、技を極める為の姿勢や継続があって、
やっとそのモノゴトを体得できるってわけで、誰にでもできることではない。
対し、我輩のような雑食型だといろんな遊びをただ広く浅く楽しむだけだから、
極めるなんてことは一生できやしない。でもそんな子供のような感覚型だからこそ、
面白く楽しめる面も充分にありえるとも思えるのだ。
その感覚こそがずっとSOTOKENで伝えたかったコトだったのかもしれないなあってのは、先日一緒に遊んだ友人カメラマン鈴木新と意気投合した話でもあって.....。


  そんな先日、そんな鈴木新とお互い初めてのテナガエビ釣りに出かけた。
とりあえずネットで調べた浅い知識で見よう見まねで試してみる。
アタリもポイントもいまいちわからないが、二人ともどーにか1匹を釣り上げることができた。魚類とは違うエビ釣り独特のアタリを味わった。それだけで盛り上がる。
次のポイントを探しに移動。
思い切って河口付近まで足を運んでみると水辺の抜け具合が広すぎて超絶気持ちが良い。
目の前には近未来的な羽田空港が淡くボヤけてはいるけど存在感がたくましい。
ど干潮の水際を歩いていると小さなボラっこが群れをなして岸際を泳いでいる。
その泳ぎに見惚れていると、突然「ボワンッ!」と水面に大きめの波紋が次々と現れる。
「これシーバス(の捕食)じゃない?!」
「やばいね」
「ルアー竿持ってくりゃよかったなぁ」
なんて話しながらもただ眺めているだけで十分に楽しい。
さらに今度は住宅エリアを散策してみると
「このエリアは殿町っていう(地名)らしいぜ?」
「なんで殿町なんだろ?」
さらに歩みを進めると、
「なんだよあれ?乳出し地蔵尊だって!ウケる!」
変な名前の神社を見つけてまた一つ笑う。
「なんとなく艶っぽいエリアだね〜」なんて笑っていると、
新が携帯で調べ始める。
新「特に理由はないみたいだけど、この付近は薬関係の実験会社が多いみたいだね。
動物実験の施設もあるっぽいよ?」
そんな会話が面白かったり....。

この時、二人で話したことは、
テナガエビ釣りって目的はあれど、エビ釣りばっかりってのじゃなくて、
その場その場で味わう土地勘も観察次第で面白いわけで....。
ぶらり旅的なテレビ番組みたいな嗜み、なんだけど。。。。
「水曜どうでしょう」なんて番組が流行った理由とおんなじなのではないかな?
あれは改めて思うところ「大人の外遊びの極み」な気がしてしまうのだ。

要は、目的(テナガエビ釣り)は明確でも結局は単なる
「遊び」
な訳で、そればかりに必死になるわけじゃなく、
もっと軽くてユル〜い感覚のまんまで、その全体の流れを"一つの遊び"として楽しむ....。
「テナガエビ釣り」だけが目的ではないのだ。
大きなテナガも釣ってみたいけど、そこが重要でもなく、、、と私は言いたい。 

 人生に置き換えたとしても、仕事ばかりじゃ辛くて仕方ない!
もっと人間らしく暮らして生きるためにも、
大変な作業もこれからもっと沢山あるだろうけれど、
遊びの感覚だけは絶対に必要なんだと我ながらに思う。
だから、これからも子供みたいに
遊んで生きたい!
自然のある外で。
それで逝きたい。なんつって。


死んだら自然に還してほしいな。 
お墓になんて絶対入りたくない、し、要らないとすらと思っている。

野生動物だって死んだら土に還るわけだから、俺もそうなって、
植物の栄養分になりたい。

粉末にして撒いてもらえれば、それは遺体遺棄罪にはならないらしい。

そんでもってもし生き返ったら、樹木になるのだ。
(本来の樹木葬ってのはそう言うことじゃないのか?)

IMG_6218.jpg

SOTOKENBOOK


2009年から『外遊び研究所』という名義で雑誌GOOUTの中で、
自分の連載を作ってきた。今年で11年目。よく続いたものだ。
じゃなくてまだ続いている。
当時、編集責任者の梅田さんに自ら連載をやらせてもらいたいと
志願したのは自分でも意外な行動に出ていて今思うとびっくり。

自ら「やらせてくれないか!」なんて頼めたことなんて
今まで生きてきた中で一度もなかったと言えるほどビビリな俺さまが、
(友達を遊びに誘うことすらできないビビリ者)よくお願いできたもんだな!
と今更ながらまじで思う。

文章と写真さえ編集部宛に送れば、GOOUTの担当デザイナーがページを作ってくれたんだろうけれど、
自分としては誰かに依頼したかったのである。
そこで選択肢は一択だった。ジェリー鵜飼氏に声をかけ、
レイアウトデザインを依頼したら快諾してくれた。
鵜飼さんはほんと良い人過ぎて、断るという言葉を知らない人ではないのか?
なんて今なら思えるほど永いお付き合いとなった。

初めは2ページの連載。
今読み返すととんでもなく自己満足的な内容で、今じゃ目を向けたくないほどの出来。全然外遊びを研究できていなかった!

どーにか続けさせてもらって25回目にしてページを7Pに増やしてもらい連載名も「SOTOKEN」と変えて続けさせてもらえることとなった。

このあたりからやっと、連載らしくなり、外遊びを研究できていた気がする。


以前からずっと、雑誌編集責任者にはムック本化して欲しい!して欲しい!
と駄々をこねるように訴え続けていたものの、
一言、「売れへんやろ」と大阪弁で宥められた。
面白さが足りなかったのだろう?俺の文章力か?

半ば諦め掛けていた4年間ほどたった一昨年、
すでに自費で本を作っていた鵜飼さんから、
「自費出版で出そうよ!」と声をかけてくれ、ヤル気スイッチが戻る。

なんて意気込んでいるタイミングで、GOOUT編集部の竹下くん
(GOOUT立ち上げ人)から「ムック本にしませんか?」なんてお声かけして
もらえちゃったのだ!
え〜!このタイミングで?!はい乗っかりたいです。と即答。

それが昨年の正月。

今の「ジェリー鵜飼」氏の人気のお陰がデカイであろう。

ソトケン本も注目されるのでは?と相成ったのだと思う。
そのタイミングで竹下くんが、会社に打診してくれたのだ!

鶴の一声とは正にこのこと。
しかし、

「限定1000冊」

というお達しで。。。。。

ちょっとどうしたら良いのか迷った。
でも仕方あるまい。自由奔放に作り続けている連載に広告を入れてくれる会社があるわけもなく、会社的にも広告フィーを稼げないムック本を作ることなんて赤字になりかねない。

そんな間を取り持ってくれた竹下くんに感謝。

広告無しで、少ない印刷部数だから一冊の値段も高くなってしまったことは無念であったが、自分の本が作れるなんて、この先あるかないか?の貴重なお話。

カメラマン杉崎くんも、鵜飼さんもお金にならない仕事をやり続けてくれ、

どーにか一冊の本にすることができた。

そんなSOTOKENも今月号で99号目。
なんと来月で100号なのだ!

いつまで続けられるのか?!


IMG_2528 2.jpg


IMG_2588.jpg



IMG_2593.jpg
  • 1

月別 アーカイブ