リアルどうぶつの森の時代

都会だって地方だって、とっくに気がついていたことなんだけれど、

実際、足を踏みこんでみて、高齢化の問題がよりわかってきた。

製材所で働いてみて、今の働き手(60オーバー)がいなくなりそうな
いろんな工場などがいっぱいありそうだってこと。

高齢化ってのも繋がって、何も知らない林業の道を歩んでみたいと思うようになったのだけど。。。その川下にある、製材所もしかり、
だってことはお手伝いしたことでわかった。


先日も、住み始めた町のとある製材所のお手伝いに行ってきたんだけれど。。

そこの働き手ももう55以上のおじさんやおじいさんで。。。

工場長的立場のおじいさんは、膝にサポーターをつけていて
ぎこちなく歩いて作業してた。先月は元気だったのに。
仕事中に痛めてしまったみたいで。。昨日行ったら、
まともに歩くことができないでいた。まじかー.....。

でもその大先輩が機械回してくれないと、製材の仕事も回らないってことは
お手伝いレベルでもわかったことで。。。

この人の技術が継承されないと、この工場はどうなってしまうんだろうか?
なんて考えながら、木材を加工していた。

他の従業員って言っても、大きな工場なれど、50オーバー。
下手したら60歳を過ぎているかも?みんな。

男性二人、女性一人、その人たちとはあまり関わらない、40オーバーのおじさんが、
別の仕事をしていて、あまり仲は良さそうではなかった。

社長も現場で働いてはいるが、工場長との確執?というか、仲が良く
みんなで働いているという、活気は感じられない。

俺に何かできるだろうか?

なんて思ってみたけれど、ただ渡された仕事をこなすことしかできない自分。
だから、手伝い程度に参加させてもらっている俺に何ができるかって?

ここで働くことを決め、担い手になる他ないのかなとも考え込んでしまった。

実際それが確かなのだとは思うが、俺は林業を学ぶために来たって
決めているからそんな簡単に口が出せる立場でもない。


しかし、日本の技術ある高齢労働者が、あといくつになるまで働けるのか?
その担い手が激減している、またはいなくって、
その技術を継承されないまま廃業。なんてことがどんどんいろんなところで
加速してしまい、日本の自給率はさらに下がっちまうんじゃないか?
なんて思わされてしまった。

東京で、コロナのために家でゴロゴロ自粛していた2ヶ月半。
動画ばかりみて、子供らはどうぶつの森ばかりやって。。。。
コロナ関係なくても、適当に仕事して、適当に稼いで、適当に遊んで、
なんかしっくり来ていない時間があまりにも長かった。
そんなくすぶっているなあって感じながらも
さらに都会生活を続けていたならば、俺はもっと腐っていただろうと思う。
あくまでも俺の性格上。。。。


そんな自粛生活をし続けているならば、こういう人たちを
少しでも早くお手伝いできていれば
よかったのになぁ、なんて思ってみたりもした。
今やっとここに来れたから思えること。

来たばっかりの俺が言える立場ではないが、
遠慮なく放っちまうならば、

ただでさえ余っている仕事、必要なの?と思えるインドアな仕事をこなしている
都会(決して東京ばかりではなく)に住んでいる人たちこそ、
今なら地域おこし協力隊なんてプロジェクトもあるわけだから、

各都道府県や市町村、過疎地に引っ越して、地産地消ができる仕事に就いて
技術ある高齢者の担い手になるべきかと思う。

都会の便利な仕事で小金稼ぐよりも、そんな大先輩が築いていた仕事(あくまで地産地消に結びつく仕事のみ)はいっぱいあるわけで。

でも、もう既にかもしれないし、これからさらにだと思うんだけど、

そういう必要で重要な仕事を担っていかないといけない時が来ちゃったんだと思う。

コロナがきっかけを作ってくれたのかとも思う。

まじ都会(東京ばかりではない。地方都市含めて)でくすぶって生きてるならば、
今からでも、地域おこし協力隊なんてもの使えば、
結構簡単に移住もできちゃうのが今な訳だから、

過疎化された地方の、地産地消していくためには重要な仕事にシフトチェンジして、
高齢者からバトンタッチさせてもらって、
日本国内の自給を増やしていけることは、将来の自分ら、子供らのためにも
とっても重要な新たな日本の生き方なんじゃねえのかなと。

どうぶつの森の世界をリアルにやるべき時が来たってことだとも思ったり。。。
それもコロナが教えてくれたって思ったり。。

うちの子供も、もう進学したくなければ、しなくていいから、どこかの田舎で
身体使って働く方がもっと豊かに暮らしていけるのかとも思う。
つーか、まじでこれから、いかに身体使って働くか?ってことが大切かと。

小さな製材所でお手伝いをしながらも、思ってしまった。

月別 アーカイブ