HOME>

BLOG

泰三さんへ捧ぐ


泰三さんへ 

泰三さんがいきなり入院してしまったのは2年の2月。2015年の年末に一緒に飲んだ時は、オールバックでバッチリ髪型もキメたいつも通りのかっこいい泰三さんでした。それから1年弱の闘病生活から復活した時は、「やっぱり泰三さんらしいぜ!!」ってなんつって、バリカンズのみんなとシトラスで回帰祝い出来たことももうちょうど1年前です。。なのにまさかこんな日が来るとは、思いもしませんでした。また復活するって思ってた。長かった闘病生活、すごくよく頑張ったね。

1、出会い
泰三さんとの出会いは、奥さんのサッチンがマネージメント事務所(ピカデリー)を立ち上げた時だったと思います。
その時は泰三さんのことはよく知らなくって、カメラマンの地主さんの紹介で、とにかく美人なマネージャーだっつうことで、「是非入れて欲しい!」ってお願いして、一番目にスタイリストとしてピカデリーに入れさせてもらいました。
その当時は、美人なサッチンにばかりに目がいっちゃってて、泰三さんのことはあまり気になっていなかったように思います。


2、マンション
その後、俺も結婚して、泰三さんたちの住むマンションに引っ越したことで、一気に仲良くなれたんだと思う。ぴったり一回りも違うのに、タメ口で話せるぐらい仲良くなれました。
漫画の「めぞん一刻」みたいな、クセの強い人ばかりが集まっているマンションの生活はとにかく特別でした。泰三さんとこのジョーとうちのリンが同級生になったってことも大きかった。マンションだとしても同じ屋根の下の、同じA棟で過ごせた6年間は大家族みたいでとても大事な思い出です。。。

俺たちがマンションから引っ越してから、リンが泰三さんちに泊まりに行った時、飯茶碗の持ち方を注意されて正しく教えてくれたってことをリンから聞きました。40過ぎてもまだずっと自分のことばかり考えてるガキみたいな俺にも、もっといっぱい叱ってほしかったなあ。なんて思ってみたりもしちゃいます。。。。


3、バリカンズ
同じ屋根の下に住むことで、音楽や映画とかファッションの事とか、ジャンクで美味い飯屋とか、かっこいい床屋さんとか、幅広くいろんなことに詳しい泰三さんをすげえなあと思ってました。毎晩呑みながら「ファッションはカルチャーから生まれるモノ」だっていうことを教わっていって、そのカルチャー自体を作れたらすげえかっこいいよなあ」なんて酔っ払っては、泰三さんに絵を描いてもらいながらイメージを膨らませていって。それでバリカンズを立ち上げることになったんだよね。

そんな泰三さんは俺に、「トラック野郎」の面白さとか「寅さん」の面白さだとか、昭和の日本人のかっこよさを熱心に教えてくれてたのに、その時の俺には、まだそこまで理解出来ていなくって、半分以上聞き流しちゃってました。。
その後「トラック野郎」と「寅さん」を見る気になって、やっと泰三さんが言ってたその面白さが理解でき、泰三さんの考えるバリカンズとが繋がりました。

主人公の菅原文太を見てたら、昔、泰三さんに見せてもらった高校時代の修学旅行の時の写真を思い出して、同級生はみんなリーゼントなのに、泰三さんだけ、角刈りにしてて、菅原文太を意識してたんだなあってことがわかって。あの頃から人の真似はしない独自のスタイルを磨いていたんだなってやっと理解出来て。。。。

泰三さんとトラック野郎を一緒に観れていたら、もっと仲良くなれてて、バリカンズももっとかっこよくなってたのかもしれないなって。。。。
後悔が止まりません。

4、友達の多さ

泰三さんにはたくさんの友達がいます。泰三さんは先輩も後輩も分け隔てなく、いろんなところに顔を出し続け、いろんな友達をいっぱい作り、友達をとても大事にする人だなあと。俺は横目で見ていました。俺の苦手なことを全て持っている、超ポジティブで明るくて、さりげなく優しかったり甘え上手でもあって。だけどちょっとだらしなくてずるい人。それがみんなから愛される泰三さんなのかなあって感じてました。


5、最後のスタイリング
最後に。今日、初めて泰三さんをモデルにスタイリングすることができました。泰三さんが入院中にデザインした鯉口シャツに、ニッカボッカを合わせて、泰三さんが大好きな腹巻きを着せてみました。腹巻きで隠れているのだけれど、このシャツにはチェーンのデザインがプリントされています。泰三さんは「友情を繋ぐチェーンの意味でもあるんだぜ!」なんて言ってました。今この場所で、泰三さんの友情のチェーンが繋がっているんだと強く感じています。沢山の先輩方や後輩の友達が泰三さんに会いに来ているから。我ながら泰三さんらしいスタイリングに仕上がったなって気に入っています。
腹巻きが似合いすぎてて、ただ眠ってるようにしか思えません。出来れば。。。。
ドリフのコントみたいにいきなりムクっと起き上がって、「冗談だよ〜ん!ば〜か!」ってみんなに向かって言って欲しいです。泰三さん。

ありがとう!!一番星桃太郎みたいな 泰三さんへ。

IMG_8644.jpg


IMG_8638.jpg

IMG_0434.jpg

初めての。。。

初めての。。。

男にとっては憧れの?

今時の若者は車離れと言われているけれど、

自分にとっては、最高に贅沢なお買い物。

車を買うということ。

しかも初めての。。。

新車。

昨年末、必死になって、乗りつぶした愛車ハイエース。

ディーラーでは、5万という査定額を買取専門業者を駆け回り、どうにか10倍に。

それって、50万円の収入と一緒でしょ?!

すげえ大金だ!

それから、ディーラーまでも、トヨペットと、東京トヨタと行き来し、

割引交渉。

やはり、第一印象というか?接客対応で東京トヨタにさせていただいた。

トヨペットは格好を見られたのか?チャラかったのか知らないけれど、

はじめ副店長がやってきて、若い女性スタッフが応対変更。

何を聞いても、スムーズに答えてくれなくて何となくぎこちなく話が進む。

車好きのカメラマン鈴木新のアドバイスで、もう一軒のディーラーに行くことを勧められ、

トヨペットを探していたんだけれど、東京トヨタでもハイエースを扱っているらしく。

いざ等々力店へ。

たまたま、若い営業マンがいなかったかららしいが、初老気味の店長が応対してくれた。

ハイエースにもかなり詳しく、質問しても即返答が帰ってきて、気持ちが良い。

何度か、両店舗を行き来して、結局接客対応が良い、東京トヨタで購入することに。

その後は、若い営業マンに担当が変わり、いろいろあって、やりとりの最中には

苛立つこともあり......、あの店長に最後まで担当してもらいたかったのだけど......。

立場上そういうわけにもいけねえんだろうなと。この若い営業マンを

育てていかねばいかんのだろうなあと勝手に、店長の気持ちになって、我慢気味に

若き営業マンの接客に堪えつつ、どうにか納車にまで至る。

必死にお買い物をした分、なおさら、納車予定日がどんどん遅れていく対応にマジで

腹が立ちはしたものの、呆れ、逆に、車が無い生活ってのを存分に楽しむことにして。

おかげで、電車や歩くことが増えて、周りからも、「痩せた?」なんてお声もかかり、

歩くことは健康的だ!と再認識した今回の車買い替えの儀式。

納車の日、久しぶりに店長が顔を出してくれる。仏頂面だった俺の表情もほころぶ。

明らかに対応が違う、俺のバカ正直さも若き営業マンからすれば、

失礼極まりないんだろうなあと思いながらも。店長に対しての対応は明らかに声が

ワンオクターブ上がっていたのは間違いなかった。

最後、一言店長に、言おうかとも思ったけれど。。。心に閉まって、

初めてのディーゼル車のアクセルを踏み、東京トヨタ等々力店を去ったわけである。

俺がもし営業マンだったら、上手にやれるんだろうか?!マニュアル通りにとか、

ノルマとかもあるだろうし。。。。余計な保険の勧誘などもしなければいけない

のであろう。それもマニュアルの一つだったのかな?

そんな接客も、お客様の性格を読んだ上での、臨機応変に応対ができるように

なるためには、

俺のぶっきらぼうで失礼な対応も勉強の糧になったのかもしれないなんつって。

だいぶ自分都合な考えか?!

いつの日かまた会った時に、彼の成長っぷりが感じられたらいいなあと。





IMG_0057.jpg





IMG_0074.jpg


IMG_0078.jpg















  • 1

月別 アーカイブ