HOME> BLOG>

2014年2月


本当に哀しくて悔しかった。

この週末。

一つの出来事が、自分にとって、とても大きくのしかかって来た

この週末。

とても辛い事ではあったけれども、

そのお陰と言ったら失礼なのかもしれないけれど、

久しぶりに顔を合わせた人達が多くて、

これもヤツのお陰なのかなと、親身に感じた今日。

ヤツは、これだけの人々から愛されていたのかと、

皆が思っていたに違いない。いや、想っていた。

自分だったらこうはなるまい。

おかげで、ずっと会っていなかった仲間と

今宵 腹を割って話し、呑む事が出来た。

みんなヤツの事を想い、それがきっかけとなって、

みんなで仲良く話し、言いたい事も言い放ち、

昔のように戻れた気がした。

あいつが導いてくれたわけだし、あいつのお陰で

みんな何かを教わった気がして、

それを共有できて、盛り上がった。

だれだって、人から嫌われたくないし、嫌いたくはないし、

愚痴なんていいたかないけど

おもわず愚痴を放ってしまう。

中々出来ないそこの部分を

身を徹して教えてくれたのかなと、

なんとなくそうおもった。

皆から好かれるヤツ。


ヤツのようになりたい。

成れたら幸せなのだと思い知らされた一日であった.



人にまんべんなく、愛情を込めて接する事が出来る人なんて、

この世に居るとは思える事が出来なかった。

そんな人間は 偽善者極まりないと思っていた。

そんなひねくれた考えをもった人間でも、

この人ならなんか素直に話せる。

とか、

人との接し方を教えてもらえるというか?

とにかく、誰に対してでも、平等で、

気持ちのいい、人との付き合い方を学べる人間がそばに住んでいた。

そんな特別といっても良いくらいの人間が、

そばに住んでいながらも、

安心しきって、

いつでも会えるだろうと、気軽に考えていた。

そんな、自分からして特別な存在が.....、

そんな人こそが、思いもよらぬ、

全く、思いもよらぬ事で、

二度と会う事が出来ない存在となってしまった。

とても、悔しくてしょうがない。

なんで、もっと、気軽に、気楽に、

接する事を自らしなかったのかと、

とても後悔してしまう事が、

現実に起こってしまった。


そんな現実はいつやって来てもおかしくないとは、
既に38年間生きて来て、教訓を味わっているはずなのに。

ばあちゃんや、じいちゃんに教わった事なのに..........。


油断というか、日々の暮らしに馴れてしまい過ぎていたのか?

悔やんでも悔やみきれない自分のお気楽な

考えが、後悔を招く。

上手く言えないけれど、

いつでも会える、と思う、安直な考え方は、

今日で撤回すべき、最大の反省点である。

本当に後悔している。

人として、誰に対しても平等に対応する、

思った事を素直に言い放して、人と真っ正面に向き合う

彼の生き方は、後輩だからといっても尊敬に値するというか、

見習いたい部分が、山ほどあるとは、

このブログ上でも何回か書いた事があった。

なんで、そんな人間こそがこの世から居なくなってしまうのか?!

神様は自分らに何かの教訓を与えようとしているのか?

だとしても、こんな哀しい事はない。

この現実を噛み締めて、何かを学ばなければ、

報える事は出来ないのかな。

何かを感じて、生き続けていく事こそが

報いるなのかもしれない。


創地と宗二


僕のアシスタントをしてくれてた植松創地(ソージ)が作業場にやって来た。

前はエイス

のアルバイト店長をやっていたのだけれど、今は、靴を作っている。

そんなソージがやっと作った出来上がったばかりの

靴を持ってやって来てくれた。

相変わらず、いろいろな事に、自分の考えがしっかりとあり、

中々曲げられない、コダワリのありすぎる面倒くさいやつだった笑。

そんなソージと久々に話して、

一言一言思った事を容赦なく突っ込んでは、ニヤつかれ、うなづかれ

うなづいて、つっこまれ

なんか似たモノ同士だなと感じつつ、懐かしさと、

ちょっぴり嬉しい気持ちが相成り、気分良く家に戻って来たところ。

そんなソージに対して、

最近、また読み直している、漫画「へうげもの

その中に出てくるのが、千利休の高弟だった

山上宗二という御仁がいて、

「そのヒトは、利休の"侘びの世界"を一番良く理解した、素晴らしき茶人だったが、

その侘びへのこだわりが意固地になりすぎた為か

秀吉の命令で殺されてしまったという、本当に勿体無いお方」

だと説明した上で、

「なんか名前が似ているだけでなく、キャラクター的に結構似ているぜ!」

なんつってしまった。

意外にも、ソージ本人もへうげものを読んでいて、

ちょっと納得していたのがまたおもろかったw。

自分ながらに面白いところに気がついたもんだと思った。


その意固地をどう変化させられるか?

ということで、おれたちゃ、つまんなくもなっちゃうし、

面白い事も出来るようになれるんじゃねえかと。

その面白いと自分で思える事で、やっと人に通じるんじゃないかなと。

面白い事をアピールして、稼いで行こうじゃねえかと!

酒も飲まないで、熱い話をして、バイバイした。

おかんメーター

名前が 良い。
ひらがな がずるい。

CA3I0351.jpg



CA3I0350.jpg






CA3I0356.jpg

"上かん"っての初めて知った。

山と道の 夏目君が 軽いからと山にも持ち歩いているという、
お燗用アルミカップ「酒たんぽ」を合羽橋で見つけ僕も思わず購入。
そしたら、隣に置いてあった、おかんメーター。

夏目くんは必要ないと思うけど笑、

使ってみるという遊びがまた面白い。

これを使いたいが為に、日本酒を呑(どん)。

酒たんぽより2倍、値が張るけれど、
解ってくれそうな人にネタとしてこれを献上する

茶の湯的"献上ごっこ"にはもってこいだなこりゃ笑。

しこたま買っておこうかな?w



今日は関東の、東京の人もみ〜んな

雪を嗜んだのであろう日。

いっぱい降って頼もしい。

用の無い人にとっては。

お仕事や用がある方からしてみたら、きっと

この雪お気に召してないのであろう。交通の便が悪くなるのは辛い。


そんなオカベケ

ニワがあるって嬉しいもんだ。

家の前で雪遊びが出来ちゃう。

CIMG0233.JPG 
次男坊 完全防備

CIMG0217.JPG


CIMG0219.JPG

長男坊 不完全防備。ちょっとストリート風なカッコで

ウケた。


雪だるまを作るも小汚いので止めて、ひたすら庭中の雪を掻き集め
庭の中心に山を作っておいて、部屋に退散。




長男坊は即飽きて、部屋ん中でゲームをしていたものの、
気がつくとまた、外に出ておよそ2時間カマクラ造りに没頭している。

飽きっぽいクセに意外な展開。

途中から俺も復活参戦。


CIMG0239.JPG


CIMG0241.JPG

リンコスが入るくらいには出来た!ランタンを灯したらイケてる!?

CIMG0244.JPG


CIMG0248.JPG

部屋からも眺められる借景に。

これで雪見酒とでも行きたいが、俺はもう呑んでも平気なのだろうか?


雪遊びの恰好
上着と手袋はあっても、
意外と下を持ってない。
スキー用等オーバースペックのパンツを履くのも、
ちょと気が引ける

CIMG0254.JPG
CIMG0255.JPG

そんなとき、野上さんから教えてもらった、
このシーカヤック用の防水パンツがグッド!
七分丈で、気楽に穿ける。
Ravenという国内ブランド。お勧め!

それに、

CIMG0257.JPG

CIMG0256.JPG 
指先がジップでだせる、アクシーズクインのレザーグローブ。
 オイルをたっぷり染み込ませてるから、防水ばっちり!
お気に入りのグローブ。ナイロンタイプと2つ持ち。
  CIMG0262.JPG

んで、テバのこのブーツでバッチリ!


あ〜おもろかった。

これぞオカベケノニワである。

今冬は岩手に帰って、家の裏の網張スキー場なんぞに連れてって

雪遊びを体験させようと思ったが、金もかかるし良いかなもう笑


そんな先日、

30オーバー&45オーバーの4人で、

長野のとある山野で、暴風の中 雪洞を作って泊まった。

CA3I0あ315.jpg


これがクソ面白くって。面白くって。 

正直、本当はティピを張り泊まる予定だったのだけれど、

死にそうなくらい風が強く、張ることが出来ず、風を遮る為の

雪洞というアイデアに変わったのであった。

いやあ、楽しかった。やっぱ雪国の血が騒ぐ。


真っ白い土木作業&建築的作業。簡単な秘密基地造りである。




一服


先日の「フリマひとり」でわざわざ、静岡から来てくれた
橋爪夫妻からのお土産
お茶と、栗羊羹。

インフルエンザ家の籠って約5日。
一応今日でインフルエンザウイルスともお別れの予定。

雪も降っている事ですし、内田君の妹君のFB投稿に触発され、
我が輩も長男坊リンコスと雪見しながらのお茶で一服をしてみる事に。

丘部好みの"名物軍"(嘘っ!)を並べ、橋爪夫妻の
おもてなしを茶遊びで嗜む。

つうか、羊羹とかの"じじばば臭い"日本菓子は得意でなかった我が輩も、
茶とともにすれば、最上のひとときを味わえるくらいは解って来た。

さっそく、頂いた茶を入れ、栗羊羹を頂いてみると、
これまた美味い。茶が特に美味うござった!

日本茶には(も)全くの知識は無いが、
美味いか美味くないか位は解ったつもりで.....

茶葉が細かいからか?下手な自分にも美味くいれられたのであろうか?
雪見の静かな良きひとときであった。

今思うと、フリマひとりの時に頂いた土産は、日本的なものばかりで、
自分のファッションに対する日本贔屓が利いているのであろうか?

皆様有り難い心遣いだと感じ入りました。

もう少しで酒も飲めるが、 当分この茶で一服を楽しみたいかなと。

CA3I0343あ.jpg

茶入れの缶がまたかわいらしく。捨てないで取っておきたい代物。
最近改めて、へうげものを読み返し(多分18回目くらい)
茶の湯に更に興味ある今日この頃。
カタチからだけでも楽しむは、いと面白き。
とにかく茶が美味かった。

青大豆 

CA3I0341あ.jpg

キハチロウの中野君から誕生日に頂いた
お醤油。

真面目に美味い。


伝染

もらっちまいました。。。。。

あ〜調子こいてたっす。。。

もう少しで3歳になる次男坊から

もらっちまいました。。。

久しぶりだ〜この感覚。。

風邪は良くひくが、

熱が出たこたありませんでした。。


CA3I0333.jpg

なんか新しい、ハナに突っ込む検査されて
10分で診断。
よく解らない薬を処方され吸引。

仕事関係者の方大変申し訳ありません!

今週はおとなしくさせて頂きます。。。


我が狭い作業場、オカベスタイルラボにたくさんの客人に来て頂き、

誠に有り難き幸せでごぜました。

やはり、狭いって大変ですね。

一瞬、人が多くなりすぎて、アポスケジュール的にテンパリましたが、

いろいろな方と接する事が出来て

とても有意義な時間でした。

お刈い上げ頂きありがとうございました!


即アポを入れてくれた先頭打者 マル山さん、
初戦だけあって、良い買い物が出来たかと思われます。

静岡から来てくれた橋爪さん
お土産まで頂き有り難き幸せ!

奥様、無事ご出産祈っております。
旦那君はぜひ静岡釣行ガイド願いたし!w

CIMG0199.JPG

 茶入れがかわいい。
  CIMG0197.JPG

....に対しての羊羹。
オモテナシいただきました。 
へうげもの好きを案じて頂いたのであろか。

ac44ca9cb39dd8bc5c064615816fd3af_400.jpg



横山さん
ハーベスタを愛着してくれて本当有り難き幸せです。
これからも、夜露志久ハーベスタ広めてくださいませ!

三井家族

2年前?の初めての「フリマひとり」の時も来て頂いた客人。
お子様大きくなっておりました。
旦那様はシーバス釣りをされており、素人には難しい
ウェーディングスタイルのシーバサー。
教えてもらいたし。

鶴間様

タイトなコーディネイトの鶴間さん

千葉から来て頂き、千葉だけに落花生頂き候

CIMG0196.JPG

落花生、ちょいと小馬鹿にしておりやしたが、奥さん(船橋出身)
に怒られ、千葉さんをバカにするなと、食べてみると
バカウマ。カリッとした食感で美味。長男坊と食べまくってしまい候。
いつも食ってる外国産のとは訳が違うのだそう。

木村君
釣り竿ゲットありがとう。
同職がんばって。

菅原さん親子
トレランチーム WAYAH MOUNTAIN (スペル間違ってる?)
ステッカーありがとうごぜます!

是非コラボさせてもらいたいっす!

同名のお仲間 菅原充様 
こちらの勘違いで予約受け付けてなくごめんなさい!

鎌田カップル
厚木の秘密基地是非観に来てチョ。

片桐君 
岡部スタイリングも真っ青な派手なスタイルに驚愕。

お三方とも、
ホームセンターバリカンズの常連客様で有り難き幸せ。
偶然、時間が重なった貴重なタイミングでした。


佐野3人組
買い物上手 想いっきり値切られた手強い客人達でした。
まあ、対決感があって面白かったっす。

石原親子
石原お父さんのマッチョっぷりに驚愕。
ティラックのジャケット脱ぐまで全く気がつかなかったっす。
公務員という職で、ボディビルがご趣味なご主人w
今まであった事のない、胸板の厚さにビビりながらも、
逆に、似合うコーディネイトを上手く接客できたかなと思われます。

息子君、女の子と思っていてごめんね。
お父さんに付き合ってくれて有り難う!

渡辺さん
何か休養があったのでしょか?
こられなくて残念でした。

佐々木さんご家族、
埼玉は鶴ヶ島からご足労有り難き幸せ!

お土産まで頂き感謝です。
お姉ちゃん達には待たせてしまい申し訳なきに候。
東京でおいしい夕食にはありつけたのでしょうか?

CIMG0195.JPG

ちっこい風呂敷に包まれた生酒
と美味そうな大学芋。
今日の夜にでも食させて頂きやす。

ご近所の田所さん
歩き移動のU.L.ポップコーン屋さんだけあって、
ご趣味もU.L.だとか。。
アウトドアギアお求めでしたが、そこまで
気に入るものが無くてごめんなさいね。
アウトドアギアはやっぱり、あんまり要らないものが無いんです。。。。


最後の斎藤君

スタイリストとしてがんばって行こうとしている若者。
思わず同業の嵯峨で、厚かましい語り入ってしまいました。
とにかく、がんばって!

という感じで、わざわざめんどくさいところへ
来てくれた方々、本当ありがとうございました!

今日のお客様も、おまち申し上げております!
サービスしますんで一杯買って持って行ってください!

あくまでも、断捨離が目的なので、
ご協力お願い致し申し上げまする!


  • 1