HOME> BLOG>

2014年7月

ジョーダンCOLOR?

最近ハマっている 黒赤。黒青。

ジョーダン1 持ってないけど。欲しいけど。

ゲットできたら完璧なんだけど。。。


102012.JPG


自分で作った(作ってもらった)ものって、やっぱり
着てしまうのだなあ。。

最近 めっきりこのTシャツを色違いで着続けてばかりです。

黒に赤、黒に青、ってのが好きです。


フライフィッシング教習は第一段階は軽井沢のカフェシェイカー
黒澤氏に教えて頂いた。それが二年前?!

その後フライフィッシングを何度か試みたけれど、
全くこなせなくて、心折れそうになりかけ、テンカラと言う
日本式毛針釣りに変更したのであった。。。

日本式毛針釣りとは、のべ竿を使って毛針(疑似餌)で魚を釣るものであり、
子供の頃親父に連れていかれ、近所の葛根田川
良くやっていたので、素人な自分でも、どうにかこなせる釣りなのであった。


で、先日フライタイイング(毛針作り)を教えてもらうために、
ティムコ姫野サンから教えて頂いたのだが、
それをきっかけに、実際のフィールドでも教えて頂けまいか?!

と、いざ某渓流に連れていってもらった。


途中のコンビニで漁券を買い、
駐車場に車を停めて、ポイントまで徒歩10分。

堰堤になっているポイントが入り口で.......、

そおっと下りて行って、とりあえず姫野さんに、

「やってみなよ!」と勧められるも、教官のキャストが見たいと!
先を譲ってみる。

もまもなくってほんの20秒程度で、フィッシュ!

マジかよ!なんて良いながら興奮しつつ、
俺のしょぼいガラ携で、撮影。。。





KC4D0041.jpg

すごすぎ!  てか、全然スレていないのか?ここのイワナ君は。
(スレるとは、グレるみたいな感じの意味笑)

KC4D0045.jpg

KC4D0046.jpg

姫野さんのキャスティングを勉強する間もなく、いきなり釣れてしまう。

この後、またすぐ、1キャストで一匹を釣り上げ、始まったばかりの
今日の釣行が、妄想によって爆釣パラダイス化してしまっている
俺の脳内風景。


KC4D004711.jpg

渓流は様々な自然の摂理に乗っ取った風景が垣間みれて、そこに潜む
魚を探して狩りをする男の仕事が、
現在は遊びになったようなものなのかな?

「あそこ居そう!」なんて言いながら、
川を釣り上がって行くのがまた楽しい。


そんな中での.........、

KC4D0050.jpg

姫野サン曰く、渓流釣りで言うところの、 「B級ポイント」。
いわゆる、堰堤(砂防ダム)は人工的な滝なので、魚が潜んでいて
当然のポイントと言う事だ。人の作った風景。これは不自然な自然。
ここで釣れないのは恥?!



image.jpg

自分、2回程釣り逃す。。。。。。
(以下写真 姫野)


私、フライフィッシングでの初めてのイワナゲット!の図!

image-8.jpg

image-7.jpg
オレンジ色の斑点がある、いわゆる日光イワナってやつ?



image-3.jpg


image-9.jpg


23センチくらい?!でも嬉しい!
居そうだな〜とおもうポイントに、
水面に浮かぶ毛針(ドライフライ)をキャストして、
魚がフワッと食いついてきた瞬間がたまらなく興奮するのだ。




image-11.jpg

姫野サンが最後に釣ったイワナ。

25センチくらいかな?とてもA級なポイントで、1投目のキャストで
みごとに喰らいついて来た。


結局、姫野サンの上手な教習のお陰で、
テンカラ竿に持ち帰る気にはならなかった。

と言うお話。



わたくし、ただ今、絶賛 魚にハマってます!

今もこのブログを書いている、
パソコンの後ろに、アマゾンで購入した
幅の狭い水槽を置いてまして、
先日次男坊と多摩川で捕まえて来た
カワムツに、庭で捕まえた「ハサミムシ」
とかショウジョウバッタのちっこいやつを水面に浮かすと、
ライズしてくる通称「むっくん」を次男坊と観察しては
毎日楽しんでいるわけで。。。

始めはみみずを与えていたんだけれど、
みみずを与えると、とても気持ちの悪い絵面になることが発覚。

せいぜい8センチほどの大きさのムッ君の口から
細長い舌がうねうねしている状態になり、とてもここでは
見せられる絵面ではない。

しかし、むっ君が水面に浮いている小さな虫を補食する瞬間と言ったら、
我々の現代的狩猟、漁? 魚を釣り上げる瞬間と何ら変わらないのです。

パソコン裏のライズ。

当分、この遊びは飽きないでしょう。

仕事から帰ってきて、
次男坊と箱庭での夜の虫を捕まえる遊びから、
魚の捕食シーン鑑賞会まで、新しい遊び方を見つけました。

IMG_0758.JPG

孤独なムッ君  



乙って?


乙とは、十干(じっかん)の中の二番目。
「甲乙つけ難い」等と良く言われるが、
「乙」って甲よりも劣っているような気がしていたんだけど
そうではないみたい。

時代の変化に合わせて、意味合いが変わっていたものらしく、

最近では、「洒落ている」(お洒落とはちがう)っつう意味合いもあるのだとか?


漫画「へうげもの」で山田芳裕氏が描く漫画に良く出てくるのが、

「乙」。

古田織部が「乙」好みであり、茶の師匠の利休好みに対向しての、
ひん曲がった器を作った感じが、「乙」なのかなあ?と。
「乙」ってなんか、自分に
ぴったりの立ち位置な感じがしてて、とても落ち着く言葉?

まだまだ乙の意味を解っていないのかもしれないけれど、
好きな言葉として、へうげものに教わったのだ。

そんな乙を

自分らバリカンズの家紋でもある、「刈」と交ぜたのが、

陶芸家「大江憲一」だったか?「へうげもの」編集担当 藤沢氏
だったか忘れてしまったのだけれど......、

「乙刈」=「お疲れ」という

日本独特の挨拶に変換した事は、とてもへうげていて実に面白き言葉と
して自分も使用している。

井上純は毛筆が得意だけれど、母上のご実家、宮城で僧侶の兄貴も得意らしく、
んでもって、我がホームセンターでもよく買い物をしてもらっており、
そこからメールでの交流が始まったのだけれど、

この写真が送られて来たときはちょっとグッと来てしまった。

「ありじゃねっ?!」

有り難き一文字を考えてくれたものだ。

DSC_2732_20140615100447324.jpg


これ使わせてもらいたいっす!

乙刈の一文字

音読みならなんと読むのかな?


  • 1