HOME> BLOG>

2012年2月

前川しゃちょにご用意いただいた

ホテルオークラの朝食バイキングはハンパない美味さで驚愕。
奥様共々、こんな美味いモーニングブッフェは初めてだよね?!
と顔を見合わせた朝。

いざ淡路島へ。

CIMG6664.JPG

明石海峡大橋を渡り、わたってすぐインターを下りる。

向かうは林屋と言うお寿司屋さん。

奥様の「お寿司が食べたい!」 に答えて頂いて前川ガイド(しゃちょ)
に連れて行って頂く。

細〜い路地を進むと、こんなところに魚屋さん?!

があり、そこの裏手にカウンターがあった。

NCM0055.jpg

ハンパない美味さ。
江戸前に比べ シャリは少々でかい。
10巻でお腹いっぱい!





ここからまた高速に乗り、

いざ目的地へ。


その場所は 楽久登窯(らくとがま)という、

淡路島の中部よりちょっと下の場所?!(だったけな?)

作陶家 西村昌晃くんの窯。

おばあちゃんが住んでたという

古民家を改築して、ギャラリーとカフェを営んでいる

とてもしゃれた佇まいの建物。

実は丹波の俊彦窯のお弟子だった西村さんなのだ!

前川シャチョが教えてくれた。

ここのウェブサイトを見て、そのセンスにどうしても来てみたかったのだ。

行きたいね〜なんて軽く行ってたのに、

しっかり来れたのは、前川シャチョのおかげである。

CIMG6672.JPG


NCM0060.JPG


NCM0063.JPG



CIMG6693.JPG



CIMG6696.JPG

焦がしてある!腐りにくいとかそういうためなんだろうか?

CIMG6697.JPG

広い!



CIMG6702.JPG



NCM0061.jpg

淡路島は瓦の生産が有名なんだそうである。
東北ではまず見かけることのない、
かっこいい形の瓦だなと感じました。

CIMG6678.JPG


この引き戸も残して再利用したものだそうです。
改めて、昔のデザインてかっこいいわ!


CIMG6681.JPG

一階は、西村君のお母さんとお姉さんが営んでいる食堂(カフェ?)
その食器棚をぱちり。もちろん楽久登焼


NCM0065.jpg

ギャラリーの中からの眺め。

NCM0056.jpg

お友達の料理家さんの希望を聞きながら、
料理を盛りやすい 使いやすい器を作陶したり......



NCM0067.jpg



CIMG6687.JPG

作家色の強い器も作陶していたり......、


NCM0069.JPG

雑然と陶器が転がっていたり.......。

とにかく、ナイスなしゃれた佇まい。
&作る器も相当好み。
しかも、
ちゃんと自ら採取してきた淡路島の
土を使って作陶しているところも魅力的。


彼の器は かわいさがあるように感じる。
やはりぼくは洗練されたかっこいいものよりも、
かわいいのが好みみたいだ。
奥様も相当気に入ってた。


 
ここでは glafの人とかとイベントとかもしているみたい。
たのしそ〜!一度来てみたいっす。

てかうらやましいよ こういう暮らしってば。

NCM0077.jpg

前川シャチョと西村君

いきなり寄ったのに、丁寧に応対してくださりありがとうございました!

意気投合出来て嬉しかったです。

また遊びにきます!
相当気にいった淡路島。




最後に、前川シャチョのお知り合いの方がやっておられる
ジェラート屋さんに立ち寄りました。


CIMG6704.JPG

本間良二の大ファンらしいこちらの主 堀君。(左)

NCM0079.jpg
さすが、シカクンが二匹!

NCM0080.jpg

美味すぎジェラートでこんな顔になってしまいました。

堀君には 淡路島タマネギを頂いてしまいまして、
、戻ってから早速、タマネギ食してみると、ビビるくらい美味かったです。
堀君ありがとう!

そんなこんなで、兵庫を後に急いで東京に向かった
というお話でした。

NCM0082.jpg

初新幹線!



で、購入した器を早速使ってみるのも楽しい。
NCM0099.jpg

楽久登のお皿

NCM0101.jpg

で、師匠のお皿を隣に並べ.....笑    しのぎコラボ


NCM0103.jpg
ピンぼけだけど、丹窓窯のお皿に、


NCM0105.jpg

昨年末の民藝館展で購入したお皿で  スリップコラボ.......。


NCM0102.JPG


最近茶色いものばかり買ってる気がします。

やっぱ器は面白い。


淡路島。また行きたし。

てな 仕事に便乗家族旅行!

前川しゃちょさん わがまま聞いてもらって感謝感激

ご迷惑おかけしましたのに本当にありがとうございました!














神戸の乱痴気さんのワークショップに参加?!して参りました〜。


柳行李を編むワークショップ&行李zac!受注会

NCM_0036.JPG CIMG6617.JPG

お洒落なお似合いカップル様

だいぶ上手に編んでおります!

何に使うか考えるのも楽しみですね。

CIMG6616.JPG
こちらの彼は
ペットボトルホルダーに。
アリですねこれ!


NCM_0038.jpg
神戸ファッション協会の駄洒落の達人
酒井さん。派手で結構!



で、行李zac!の方は......

NCM_0039.jpg


NCM_0040.jpg
行李zac!を注文してくれた派手好みな片桐君は
なんと金沢から来てくれたらしく、ビックリ驚愕!
ありがとうございます!

コロンビアの岡部注も履いてくれ有り難き!




夜は家族で乱痴気セントラル近所の居酒屋へ

NCM0048.jpg

以前も行ったことのある「はきだめ」

すごいネーミングです。

安くて美味い。

CIMG6621.JPG

ナイスな佇まいです。






2日目は 丹波の里へ。


NCM0051.JPG


NCM0050.jpg

丹波の街並は素敵です。


CIMG6623.JPG

丹波の巨木 あべまきという樹木

丹波の里を見守っております。

CIMG6625.JPG

赤い実を付けた樹木(まんりょう?)が懐に寄生しておりました。


その巨木の前に

CIMG6632.JPG


土俵発見!ここで、わんぱく相撲大会が催されるんだって。へぇ〜。



で、いざ伝市窯さんへ。


CIMG6633.JPG

伝市窯さんの二階からは巨木さんが眺められた。


その後、俊彦窯へ


CIMG6643.JPG

ブレブレで申し訳ない写真だが、俊彦さんは相変わらずのおもてなしで

僕らを迎えてくれました。

CIMG6638.JPG


CIMG6636.JPG

ビアマグ(BEERMUG)の試作を見せて頂き喜ぶ!

この釉の掛け方は、

丹波のロウソク徳利から引用したデザインであります。

いい!

こういう風に使っても良いかもな?!思い付き試す。

CIMG6640.JPG


塩辛とかキムチとか?酒の肴

をお皿に乗っけて、差し出す。ビールのおもてなしセット!

周りは飽きれるこの思いつきって楽しいぞ。


俊彦窯のギャラリーの床もお手製しのぎのタイル

NCM0052.JPG


CIMG6646.JPG

旧家の竹を使用した天井


CIMG6647.JPG



CIMG6648.JPG

息子さんの作品。

これかわいくて良い!


CIMG6653.JPG

ろうそく徳利がこんなに作られている!?


俊彦さんは、うちのリンコスに

「泥遊びでもしてみるか?!」なんて優しい声を掛けてくれ

奴も楽しく、"泥"で遊んでおった。息子さんも展示会前で忙しいのにも

関わらず、対応して頂いた。


しょっちゅう遊びにきたいぞ!と思わせるくらい

自然な応接をして頂き、気持ちよかった。

鍋でもつつけたら良かったのにの〜!なんておっしゃって頂き、

気持ちの中では「喜んで〜!!!」と、どこかの居酒屋店員張りの

勢いのある言葉を押し殺し、

「次回来るときは是非是非!」なんて、

なんとか頑張って丁寧に返答することができた。


俊彦窯を後にして、丹窓窯に行き、

いくつかお皿を購入して、神戸に戻った。










気の合う吉田先輩と展示会に行ってみました。

場所はギフトショー

ちょっと馬鹿にしてました。。。。

こんな人が集まるどでかいイベントだとはつゆ知らず。。。

NCM0004.jpg

はっきり言って、まともに見てたら2日はかかりますね。

僕也に、知り合いが居たりとかで、思わず話し込んじゃって

時間ねえよ!  なんてこともしばしば。

でも楽しかったです。


気付かずに通りすぎてたらしいブース。
オジャガデザインさんのブース。

NCM0003.jpg
トモちゃんに引き止められ、本当に気がつかなかったことを
証明するのに大変でした。
えっ?おじゃが?ホントに?

みたいなブース&カッコで接客してるからしょうがないじゃん!

NCM0002.jpg

個人的にファンな紅林さんなのであった。
もっとセクシーOL風なスタイリングで接客しているところを
傍観してみたいものであった。


なんてことは良いから次々!
というばたばた感のある初めてのギフトショー。

NCM0005.jpg

目的の松野屋サンへ

吉田先輩が、小雀さんから紹介してもらった、雑貨屋さん。
とても良い品揃えでちょいと興奮気味に。

竹籠について熱く語りすぎてしまういつもながらの始末。。
どうにか別注させてくれと。。。。

スタッフ杉田さんも良い感じに退いておられた。苦笑

オーナーの松野さんはかなり良い感じのおじさんで、
遊びに長けている感が漂っておられた。

大人の遊びの達人的な人のプロダクトはやはり遊び心があって
面白い。

遊びって大切だなと、松野さんを通じて実感。
写真は撮っていなかったけれど、これまた吉田さんに紹介してもらった
CAPSという
フィッシングバッグを作っている会社の社長さんも
遊びの達人ぽい余裕さを感じられたお人でした。

ばたばたとギフトショーを後にして、
次の会場へ

NCM0013.jpg

なんて展示会だったっけな?!

そこに旧友の角川を発見。
バンタン時代からの友達。

お互い何かを遠慮していて、中々絡まない仲なのだけど、
つかず離れずの存在。

NCM0014.jpg

そんな角君に吉田師を紹介しつつ、
奴のプロダクトを拝見。

NCM0012.jpg

古着の柔道着をかき集め、その刺し子生地でトートバッグを作っていた。
正直、面白いと思った。これは日本的でもあるし、
売れるんじゃねえのか?と予感が。

他には古着のオーバーオールをいじったエプロンとか
スウェットいじったクッションとか。

良いんじゃねえの!角君!

と調子こいたむかつく上目線バイヤーを演じてこの場を後にした。

吉田先輩と軽く一杯するために浜松町へ移動。
浜松町周りの良い感じの店を佇まい目線検索して入ったお店。

囲炉裏のある良い感じのもつ焼きの店。
名前は覚えておらず。

レモンサワー
串盛り合わせ
アジのなめろう
クジラの立田揚げ
を頼む。

NCM0015.jpg 
クジラの立田揚げ

美味い!

目線間違ってなかったイエイ!

宇都宮に帰る電車時間を気にしながらも、
話し込み、勢いで、うちにこないか?
明日早朝撮影があるから参加しないか?
などと強引に誘い込み、
吉田先輩仕方なさそうについてきてくれたイエイ!

NCM0016.jpg


GOOUTの外研の撮影に急遽参加してもらう。

吉田先輩ありがとうございました!

次は外で遊びましょう!


民藝的?

NCM_0689.JPG

リンコスの大好きな チョコレートソースを垂らした

食パンが なんか、民藝的な釉薬をぶっかけたお皿に見える。

..............。というだけの話。

Peak Performance

先日

吉田先輩に連れられて、ピークパフォーマンスの展示会に行ってみた。

とても良かった。

GOOUTの竹下君が以前から着てるのを見ていたけれど、

全くピンと来ていなかった。

吉田先輩の説明を聞いた上で、試着してみて納得。

アークテリクスみたいに人間工学に基づいた立体裁断でもないのに、

着心地が良い。腕が上がる。脇の下にベンチレーションジップもあるのに

気にならない!

良い。

仕立てが良いのだなきっと。

ここんちは普通の洋服も作っているメーカーだからか?

普通のパターンなのに、着心地も見た目もごつくならずに馴染む。

気に入った。もう少しカラーリングやロゴがカッチョよくなれば

間違いないと思う。

てか、このつなぎがいい!

NCM_0001.jpg

なかなかこの手のシェルモノでオールインワンは見たことがない。
着心地もストレスがない!
欲しい。


NCM_0004.jpg

ダウンの袖口もグッと来た。 袖を通すとすんなりサムホールに
親指がすぽっと入ってビックリ!

いろいろ眺めて、強烈に欲しくなった代物が
このバッグ。

NCM_0006.jpg

写真がヒドいけれど、
クラシカルファブリックとテクニカルデザインの融合が
とても新しく感じました。

ちなみにインナーはチェック!!

これはバックカントリー用ですが、是非ともタウンユースで使いたいなと。

絶対買いたいです。


ピークパフォーマンス

今更欲しいと思いました。

竹ちゃんごめん! 伝わらなかったっす。

外気分で......


今夜はなんとなく寝袋で寝たい気分也。

CIMG6608.JPG


またまた北京に来てしまいました!
気温はマイナス7度 岩手を思い出しました。
相変わらず、天気はどんより。

CIMG6518.JPG


CIMG6520.JPG

CIMG6532.JPG 
北京の 康一郎さん発見! なんつって。。 CIMG6544.JPG 北京の病院 病院なのにネオン...........。CIMG6546.JPG

ネオンが独特な中国。 日本のごちゃごちゃすぎた看板のそれよりは
いいかも?


CIMG6534.JPG

ドンシャンという会社を訪問。

CIMG6549.JPG
フェニックスチャイナも訪問



で、

CIMG6556.JPG
北京ダックを御馳走に!


CIMG6559.JPG
ORYEL の井上君

CIMG6560.JPG  
上海から来たフェニックスの仲ちゃん。通訳をしてくれとても助かりました。CIMG6561.JPG
東京から僕らを連れてきてくれた フェニックスの孫さん CIMG6564.JPG
フェニックスチャイナの孫社長  目線が鋭い!


CIMG6569.JPG
で、早朝の北京空港

CIMG6575.JPG


CIMG6574.JPG


CIMG6576.JPG

帰りの飛行機は晴天。久しぶりの窓側。

飛行機から下を覗くのが好きです。

その国の街並を拝見するのが楽しい。


そんな北京。今年は沢山来そうな予感?!




  • 1