HOME> BLOG>

2011年10月

MYまな板

知人が立ち上げたSumallyという
アタラシイ百貨店的なSNSサイトで見つけた?(教えてもらった)

moreTreesのまな板をwebで購入したのが先ほど届きました。

イエイ!

一目惚れです。手が出しやすい価格だし、まな板に絵を描くなんて
ほんと素晴らしいアイデア。

最近のボクのキャンプとか
焚き火での食事スタイルとして、
まな板をお皿代わりに活用する事が定番化してきた。
肉など、焼いた物をまな板で切ってそのまま皆にまわし、お皿として扱う。
どちらかといえば、

1人1まな板ってのも良いと思われ......。

まな板はキャンプなどでは理想的なお皿なのだなと確認。

MY箸やMYシェラカップも良いけれど、

"MYまな板"もお勧めします。

今までのMYまな板はスノーピークの丸い奴でサイズが

20センチほどで軽くって扱いやすい。

このまな板も縦24センチとキャンプとかにはちょうど良いサイズです。

大きいのはないの?と奥様も台所に欲しがっておりましたが.......。


これは、ヒトにプレゼントするには
もってこいなアイテムでもあるかも。

今日は、このまな板の風景を眺めながら、夕飯を食って、

優雅にお外で食事している妄想をしました。

という意味のない嘘を思いつきつつ......。

CIMG5884.jpg


空の部分の角っちょに穴をあけて、パレットみたいにすれば、

持ちやすくって、しかもお月様みたいなデザインに仕上がるかも!

なんつって。


捕食?


CIMG5857.jpg


CIMG5855.jpg

豚のおもちゃ箱

リンコスの半端な

お片づけ具合が............、

CIMG5856.jpg

ちょっと怖いよ〜

とおもった。

ユナイテッドアローズの地下1Fの生活雑貨コーナー
で購入した

ふちの部分だけ竹で出来ているランドリーバスケット。

以前は普通の竹籠を使っていたのだけれど、やはり
湿ったものを入れておくと、どうしても底の部分がカビてしまって
困っておりました。

そんなときにやっとよさげなモノを見つけて、

調子良さそうだなぁ〜

と購入したものでした。

現代的クラシック?な佇まいで

意外と気に入っております。
しかも安かった気がする。

やはりカビもしないし、

民芸らしさが残っている感じが何とも気に入っております。



まさに洗濯物をハンガーにかけている最中

ランドリーバスケットにテツビン君のお守りをしてもらうが......。


CIMG5874.jpg

CIMG5875.jpg


CIMG5878.jpg

CIMG5879.jpg

CIMG5880.jpg

CIMG5873.jpg

今回は3分で泣いちゃいました。
 もう少し余裕があるでかさだと安心してくれるのかな〜?


納戸用にもう少し欲しいなと思っており候。

ベトナム製ってのが引っかかりますが、この金額だと致し方なしか。。
日本製でパクってやろうかな(真面笑)


男は理髪店


VALLICANSのボス 安本泰三氏に紹介してもらってから、

ちょくちょく行き始めた理髪店

BARBERSHOP KING

こだわりある店構え、佇まいにもそそられる事は間違いないのだが、
一見話しにくそうな店主、清水さんに
緊張気味に話しかけ、話していくうちに

なんだよ。話しやすいっていうか、意外と適当キャラ?!

で、だんだん行きやすくなる。

てか、理髪店てとても良い。
まさに男のサロンである。と通っていてつくづく思い知らされるのだ。


というか、以前は美容室に通っていた。

高校時代あたりからか?

美容室 

というものに憧れを持ち、それこそ緊張しながら
頑張って通っていた。
初めは家の近所の、ほんと田舎の美容室!みたいな
おばちゃんが一人でやってます!
そんなところに思い切って入った記憶がある。

その後、テニス部の部長山田ちゃんに教えてもらった
盛岡の美容室に行くようになり......、
そこの美容師さんに紹介してもらった
目黒の五本木にある美容室を紹介してもらって上京。
当時住んでいた田無から通うも、遠すぎて行くのをやめた。

メンズノンノを読んで、掲載されていた、SLANGというお店で
いしだ壱成も髪を切ってる!なんて書かれていて
田無にもほど近い東久留米という場所だったので、
思い切って頑張って通ってみたりしていた。


かわいい女の子に頭を洗ってもらう快感はあったが、それと同時に
仰向けで寝かせられながらのシャンプーは、若干の苦痛もあった。

とりあえず始めに陥る失敗として、

1、目を開けたまま洗ってもらってしまう。

(洗い手が目のやり場に困る。)

2、鼻毛、鼻くそを処理して来ていなかったかも?
(洗い手のかわいい女の子に見つかったら恥ずかしい)
不安になるもどうしようも出来ない事に勝手に冷や汗かいて熱くなる。

3、顔に当てられる当て布が微妙に動いて、必死に口で動かし戻そうとする。
(洗い手が笑いをこらえているのが漏れてくる=恥ずかしい)


など、青臭いあか抜けない男子が行くには、無理がある場所ではあった。

プラス人気店舗などに行くと、ちょっと待っててね!

なんて言われて、適当な雑誌を数冊置いてかれ、30分も放置
なんて事はざらだし、結局、
あんな気疲れして時間かかるところなんて行くかっつの!

となる。

で、バリカンを買ってきて自分で刈り上げはじめる。

かっこいい頭を自分で作り上げるのは難しく、

大体 モヒカンか、坊主

となる。

キングに通い始めて、改めて
理髪店の良さを知る。

髪を洗ってもらう。キングは美容室と同じ仰向けだけど、
鼻くそが付いてようが、洗い手は男だから全く気にならない。
そういう歳になったという事もあるが。

手慣れた手さばきで髪をバリカンで刈り上げてもらい、

温かいタオルを顔に当てられ、ひげを剃ってもらい、

また髪を洗ってもらい、マッサージをしてもらい、

ポマードで髪をセットしてもらい、

完成。

基本的に1人で対応してくれ、
予約すれば待つ事はほぼないし、大体1時間ほど、じっくりと
気持ちのいいサービスをこなしてくれて、4300円

こりゃ、1ヶ月に2回?せめて1回でいいから、
この至福な時間を味わいたいなと思ってしまう。

やはり、今更ながら、

男は理髪店。


である。


CIMG5718.jpg

買おうか買うまいか悩んだあげく
買わなかったモノって、結局
後になって後悔したりして..........。

そんな数あるものの中のひとつ

モントレイルのフェニックス


がいつの間にか復刻?!

なぜに?

なんて、思ってたら、この企画をした人たちは
実は、ボクに初めてシューズのカラー別注をさせてくれた

コロンビアのフットウエアデザインチームであった。

NCM_0439.jpg
左 復刻フェニックス!

当時(3〜4年前)ビームス原宿でこのフェニックスが売られていて
何回も買おうか悩んだあげく、結局買わなかった代物で.....

そんなシューズがなぜ今また売られているのか意味が分からなかった。
復刻するにしても早過ぎる気もしてて。。

その理由をデザインチームの人に伺うと、
単純にこのシューズが好きな人が多かったから、
思い切って復刻生産しようという企画を二年前に立てたらしいんだけど、
出来れば、メイドインジャパンで作りたい!と
日本で生産出来る工場を探していたらたまたま工場が福島であったらしい。

そんなシューズも試行錯誤を経て
今春発売する予定だった。しかし、
思わぬ大地震に出くわしてしまい、
発売が長期に遅れてしまって、やっとの事販売開始ということらしい。

そんな間の時間を使って、
応援の意味も込めて、MADE IN JAPANのタグを
初回生産だけ、今後の復興してほしい気持ちも含め
MADE IN FUKUSHIMA というタグに変更したのだそうだ。

そんな逸話のあるシューズになってしまった、
このモントレイル フェニックス

若干のリデザイン部分はあるものの、日本でこれだけのプライスで
これだけのプロダクトスニーカーが作れるもんだなと、驚愕再確認!
とともに、今後の福島工場の、再稼働も期待出来る流れを
作れたのではないかというお話に感動しました。

今後ももっといろいろMADE IN JAPAN(FUKUSHIMA)で
昔の様なナイスなデザインのスニーカーを
復刻し続けてほしいと勝手に思うのであった。


代官山は猿楽町の
ハリウッドランチマーケット

スタッフの.........

何君だったっけな?

NCM_0347.jpg

ボクに似ていると言われるそうです。


そいえば

こないだも、千代田3331で出会った、 名前を忘れたこのお方

a0152253_22393084.jpg

タコマフジレコードブログから勝手に流用)

初対面なのに、
「俺、こないだ岡田君に間違われたんだよ〜!」
なんて俺の名前を間違えながらも、どちら様に?
俺と勘違いされたんだよと
声をかけてきた。

隣になべちゃんがいてくれて助かった。
なべちゃんはこのお方を良く知っているらしく、
有名なデザイナーさんなんだとか?
後で知りました。このお方だいぶ著名な方で

小田島等さんという方みたいです!





自分にそっくりな人間って、いままで結構いたような気がしており.....。

結構世の中に"いる顔"なんだなと。

何系なんだろうな〜?ルーツは。

お気に入りのスニーカー その2


NIKEのSHOX

CIMG5850.jpg

メンズノンノのファッションスナップで行った
愛媛県は松山のアーケード商店街で買った記憶が。

このSHOXが世に出たのは確か2000年?
このシューズは多分2001年モデルなはずなのだけど、
この骨みたいなデザインのソールに、
ものすごくジャンプ出来そうな予感がして惹かれてしまい、迷わず購入。


スニーカーの世界ではナイキってやっぱり王道なメーカーで。。


プロ野球で言うと

巨人はファンが多いから
ってだけの理由で大洋ホエールズファンになるほどのひねくれものが、

スニーカーも同じ意味合いで、ナイキはみんな履いているからと
スニーカー屋でバイトしていた頃は、ナイキ以外しか履いてなかった。
そんな
ナイキって昔は好きでなかった自分なのに、このSHOXにショック!
.....を受けてしまったのだ。

結局冷静に観察していくと、ナイキってやっぱり

かっこいいのだ。デザインやら、プロダクトの姿勢やら、先見性とか。。


でもやっぱり壊れるのは早い。


つっても時は経ってる代物だからしょうがないんだけれど。

先日、久しぶりに履いてたら、途中 足元に違和感を感じ、
何気なく見下げてみると......

べろ〜んとなっており、久方ぶりに加水分解を味わうことに。

ついにこいつもお迎えが来たみたいだ。

CIMG5848.jpg

なんかCarsに出てくるキャラクターみたいにしゃべりそうな具合に。


断捨離な気分でゴミ箱に葬りました。



丹波 俊彦窯

じばさんという兵庫の地場産業を広める活動に関わらせていただいて、
これで3回目。

やっと俊彦窯へ伺えました。
とりあえず、あいさつがてら、窯を見学。


CIMG5622.jpg

乱痴気の前川しゃちょ と 清水俊彦さん 

写真撮らせて!なんて気軽に言えなかったボクは
しゃちょさんを撮ってるふりをしながら........
こっそりアングルずらして撮った写真ばればれですが.........。



「俊ちゃん」なんて気軽に親しげに呼べないが、
陰ではこっそりそう呼んでたぼくら。

そんな俊彦窯で ぜひ何か作っていただけはしないかと、企んでおります。

本当、俊彦窯の器&俊彦さん本人も気に入ってしまいました。


いろいろ調べてみると、俊彦さんの師匠は生田和孝氏という方で
この方はあの河井寛次郎のお弟子さんだったとかで、
どうりで、丹波の中でもより民藝的な器だな
なんて感じておりました。


俊彦窯は既に有名で、先日出かけた伊勢丹でも

セレクトショップチョイスされておりました。


俊彦窯 注目です。




家族生け花?

CIMG5713.jpg


丹波の俊彦窯で一目惚れして購入してきたロウソク徳利に
奥様お気に入りの、用賀中町のお花屋さんで
花はリンコスがセレクト(したらしい)して、
奥様が生けた

という作品?

というほどでもないが......


カラーバランス抜群だぞリンコス!

偶然だとは思うけど!

VALLICANS VS SPE

NCM_0415.jpg

VS

NCM_0417.jpg