HOME> BLOG>

2014年5月

tenkara

IMG_0463.jpg

なにげに気になっていた、パタゴニアが販売開始した、テンカラロッド、
ゲットできてしまいました!!!

やっぱ、ロッドは、SHIMANOかダイワだろ?!

(ガマカツは高すぎて手が出せないし!)

なんていっといて、パタゴニアのテンカラはどんなもんかと、半信半疑
だけど、ロゴのデザインとかカッチョイイので、気になっていたら、
作業場にパタゴニアさんから荷物が届いていた?!なぜ?なんて封を開けてみると!
例の気になっていた、テンカラセットが入っているではないか?!

注文した記憶はないのになぜ届いたんだ?!

中には、貸し出しでお世話になっているプレスの方から、丁寧なメッセージが。。。

パタゴニアはしっかりとした会社なので、中途半端な企画の仕事では
中々商品を貸し出してくれない、厳しい会社さんのイメージがあっただけに、
素直にとても嬉しかった。

嬉しくて発狂した。

で先日。やっとパタゴニアロッドを降る機会を設ける事が出来た。

山形へ出張に行った際に、よった米沢は羽黒川にて。

CIMG0477.JPG

CIMG0492.JPG
なんどか、アタックがくるも、合わせる事が出来なかったが、午後一発目で
やっと一匹ゲット!


CIMG0499.JPG


CIMG0503.JPG 
ギボウシがナチュラルに蔓延っており、
岩の隙間から生えるギボウシはとても美しく。。これがナチュラルな自然の美。


CIMG0506.JPG

CIMG0533.JPG


CIMG0516.JPG


山ツツジもかなりかわいく咲いており。。。


CIMG0558.JPG


CIMG0517.JPG

夕マズメ、いきなりライズが始まり興奮して焦る。とりあえずちっこいのをゲットして、
薄暗い中、目を凝らして2投目! でかいのがヒット!焦る!、パタゴニアのライン&ティペットは長く、中々手元に取り込めない!?焦る、片手でラインをたぐり、ネットに納めようとするタイミングで、取り逃す。。。。。。
呆然。悔しさが込み上げる。何度もキャストをし直すも、ライズは止まってしまった。
本当凹んだ.
ちくしょー!!



CIMG0528.JPG

たぶん、モリアオガエルの卵


次の日の朝、リベンジだと、同じポイントで。。

CIMG0533.JPG



CIMG0551.JPG


CIMG0520.JPG
ちっこいけど、どうにかゲット。

パタゴニアロッド、かなり使いやすかったです。ロングティペットで魚の取り込みが難しかったけれど、とてもキャストしやすくって意外にも使いやすく、
自分にもぴったりなテンカラロッドでございました。

この竿、今後も、レギュラーとなりそうな予感。





この山形釣行で、釣りスイッチが入ってしまい、
昨晩もベイブルースアイアンワークスのタクミ君
とシーバス釣行してしまいました。。。

KC4D0042.jpg

どうにかフッコサイズをゲット。

やっぱり釣り好きみたいっす。


KC4D0029.jpg

シムスのウェーダーブーツ

約8年前に、奥様の許可を得て、憧れのウェーダーとブーツを購入。

シムスのマークとかっちょいいテクニカルなデザインが大好きで、

やっとの決意でA&Fカントリー松屋銀座店で購入した記憶がある。

使用した、回数は対した事無いけれど、僕のモノの管理の悪さで、

ついに、寿命がやって来てしまった。

成仏して頂く事に。

ナンマイダー!

と言った後、ゴミ箱にダンクシュー!


念願だった新しい simmsのboa lacing Systemのウェーダーブーツをゲット!

今年は丁寧にケアしながら使いまくるぞ!

気の合うヒト

CA3I0041.jpg

フォトグラファー 鈴木新 
趣味 ハゼ釣り、相撲観戦
行きつけの寿司屋 早稲田の安兵衛、高田馬場 宮内庁御用無し不味い魚青柳
仕事の後輩。下町の先輩。
秋田の渓流で撮影時の図



CA3I0188.jpg


岸和田バリカンズ 大谷篤
セレクトショップ店長
趣味 地元でアウトドア。山登り、ギアホリックの中の1人。
   最近はテンカラに手を出したが、何時まで続くのか?飽きたら竿を激安で譲っていただきたい注目している人物。
東京、五本木 飛び翔にてサシ飲みの図。


CA3I0559.jpg


中山夫妻。
革小物Re ACT代表
同い歳でやっと結婚できた最後の男。
趣味 バス釣り レッチリ エリカ嬢。
この2ヶ月後、結婚式を催し、来月から妻エリカちゃんの地元。
岡山へ移住。

今中山と進行しているホームセンター別注財布のサンプル

CA3I0560.jpg

CA3I0605.jpg

 中山のスーツ。ヒッコリーの3ピース。欲しい。


CA3I0566.jpg

厚木バリカンズ アーティスト
井上純 美里夫妻  
祝 第一子誕生
ブログ上でモデル募集をかけたら奥様からのメールでの紹介で知り合った
縁のある男。海外を旅している最中に授かった赤ちゃん。

今後の暮らしっぷりが楽しみな家族。要チェック。海外移住か?!


CA3I0602.jpg


 庄建資材営業担当 庄司磨(みがく)
いわきの実家に戻り、親父の会社に勤める次男坊。
趣味、渓流釣り、モトクロス、

ミガクが地元へ帰ってしまったことで、友達がいなくなってしまった俺。

先日のいわき釣行から2週間ぶりの再会。
中山結婚式にて、スピーチ前の緊張の図(クラスカ屋上)

CA3I0603.jpg




その後、

みがくからの〜
CA3I0613.jpg

CA3I0614.jpg
FM前橋勤務 岡正己&フォトグラファー地主晋先輩。

岡君は 元スタイリストの自分の一番弟子。愛弟子。
地主先輩は昔良く遊んでました。今日っつうの友達が多かったお方。
歳を取って、渋くかなりカッコ良くなったけれど、中身は一緒でした。

中山結婚式の後、近所の呑み屋で久々に語るの巻。

岡君とも久々に話が出来て感無量。サシで話したい。




CA3I0640.jpg

〆は彦根バリカンズの宮川淳一君
俺の知っている中で一番家庭が幸せそうに見えるひとナンバーワン。
ナイスな家族っぷりがブログ上で感じられる、意外とそのブログも
人気らしい。
東京に遊びに来たついでの我が家でお食事の図。


最近あまりヒトと戯れていない、私岡部がここ2ヶ月の間仕事以外で戯れた人々。


数少なひ、気の合うヒトを大切にして行きたひとおもひ鱒。

















普通の暮らし

たまたま見つけたアニメ番組 

NHKでやってる「団地ともお

うちの家族はめちゃはマリにハマっており、HDに焼いては

毎週?毎日?見ては笑っている。

うちの長男坊も好きだけど、大人が見ていてもとても面白い。

団地に住んでいる人々の普通の暮らしっぷりというか?

お金持ちではない、良くある日常を上手に描いていて好きだ。

ちょっとオーバーな無いような時もあるけれど。。。

普通の暮らしが好きである。

理想的な能天気なともおを筆頭に、ちょっとかわいいお姉ちゃん。

いかにもな、まさにかあちゃん。顔を絶対出さない単身赴任の親父

と言う設定もおかしいし、

同級生の設定も丁度いい。

ちょっと秀才な吉本もいいし、おデブのよしのぶもともおとともにおばかで

かなりいいし、 けりこなんて最高なキャラ設定だ。


キャラ設定が具合がいいし、とにかくいい。おもしろい。

このアニメを見ているとなんか落ち着くのである。

俺もともおみたいになりたいなぁ。


しまなみ


サイクレックス木村氏のお誘いで、

しまなみに行ってきました!

尾道  そして、島々をつなぐしまなみ海道を自分のチャリを持ち込んで

自転車で走る旅。



そんな矢先に、カメラマンの伊藤徹也さんと出くわしたり、

ハプニングもあってとても面白かったです。

瀬戸内海はやっぱりいい。とても平和さを感じた町でした。住んでみたいな。

IMG_0382.jpg


IMG_0402.JPG

夜は、アテンドして頂いた壇上さんとこの会社が経営している、古民家を
リノベした宿にて。贅沢すぎる。ここはいずれ親族で泊まりに来たい!


IMG_0409.jpg
船の上で朝飯が食える、そんな場所に連れってってもらい、
先乗りしている厳つい男性が地元乗り漁師かと思いつつ、近づいてみると、
「あれ?岡部くん!?」と声をかけられ「えっ?」と2秒ほど固まる。
え?俺の事知っている地元漁師さん?

よく見ると地元漁師ではなくて、
カメラマンの伊藤徹也さんが、先乗りして優雅に船の上でゆらゆらと
朝飯を食っているではないか!素晴らしい偶然と縁。

伊藤さんは以前同じ事務所に所属していた間柄なのだ。
とても久しぶりの再会がこの尾道の船の上というのが何かの縁を感じたのであった。






カメラを向けると、 初対面なのに、肩なんか組んじゃって、
なんか兄弟みたいな容姿の二人。


IMG_0411.jpg

強面の兄貴(右)に久しぶりに地元尾道に、チャリで会いに来た
でかい図体の海外かぶれの弟と言うところか?


木村さんの誘導で尾道から小型フェリーで生口島に向かい、
そこからチャリ漕ぎスタート。


IMG_0417.jpg


海に囲まれた島々の海沿いをひた走る。海が穏やかすぎてなごまされ、
家並みが、昔のまんまの暮らしっぷりで癒され、
通常のしまなみ海道なんてほぼ通らず、
こんな裏道ばかりをひたすら走ってきました。

詳しくは、雑誌GOOUTの連載 「SOTOKEN」にて。

5月30日発売。


いわき釣行


いわきの友達 ミガクのところへ急遽

釣りに行きたくなりウズウズしてしまい、いわき行きの特急へ乗り込んでしまった。


CIMG0388.JPG

ミガクのピックアップで駅まで迎えに来てもらい、直接川へ

CIMG0392.JPG

ちっこいけど嬉しいヤマメちゃん 一匹


CIMG0393.JPG


CIMG0395.JPG


CIMG0400.JPG

みがく初のテンカラに望む。

CIMG0404.jpg


やはりいそうなポイントを眺めるとワクワクする感覚は
子供の頃と変わらず、まだまだ持ち合わせているようである。

CIMG01412.JPG

もちろんノンアルコールで乾杯。アサヒのノンアルコールが一番
ビールっぽい気がします。


CIMG0418.JPG

最後に一匹 やっとまとも?な一匹(つっても20センチ)

を釣り上げ無事いわき釣行を終える。

上流部のポイントに行ってみると、 

「放射線量が高いので、釣った魚は放流を」

なんて看板が掲げてあり、感慨深く眺めてしまいつつも、
そんな事を考えたって、よく解らない自分にとっては、
釣れれば充分楽しい訳で。

はっきりいって、いわきだからってって話じゃないと思うし、
この先、どの川でだって同じような状況になる可能性はある。

ぼくは、この状況にどうしようも出来ないので、
今までと変わらず遊んで行きたいと思う。

腹が減ったら食ったっていい!

とにかく、もうすこし、大きいのつりたいなと。

次は5月の中旬、ネペンテスの清水サンと一緒に釣行。

清水サンは長い竿でエサ釣りらしい。

釣り具揃えなくちゃ!

楽しみである。

  • 1