鹿児島 指宿 黒木ファミリー篇


鹿児島に来た目的の一つ

薩摩バリカンズの黒木さんに会いに来たのであった。

黒木さんは県の職員さんで、鹿児島県内をいろいろ動き回っている
転勤家族らしく。

アメリカ軍の基地移設問題で名が広まった
徳之島にも住んでいた事があるみたいで。

そんときの生活はやっぱり楽しかったみたい。

ちょっとうらやましい。


そんな黒木さんが今住んでいるところは指宿(いぶすき)
というところ。

ふつうに「ゆびやど」と読んでいた自分......。
...まあ、...読める訳が無い。

旅の最終日

砂風呂で有名らしい、指宿に会いにいってみた。

CIMG5022.jpg 黒木さんと長女のえりちゃん。
似過ぎ。
  CIMG5025.jpg 
えりちゃんと三番目のゆりちゃん とテツビンこと、
鉄を抱いてくれ、よろこんでおりました。
やっぱり女の子だな。


CIMG5026.jpg
二番目のタケト君とユリちゃんとリンコス。

だいぶ仲が良くなってて嬉しい限り。掘りごたつ式のテーブルで
案の定子供らしく、中に潜り込んで遊んでおりました。



CIMG5027.jpg

黒木さん夫妻

しかし、まっこととても優しい家族でした。



鹿児島の人はおもてなしとして

いっぱい焼酎を飲ませる!なんて聞いててちょっと不安だったけれど、

意外にも二人ともお酒があまり飲めない夫婦でちょっと安心した。

が、

黒木ママ、お腹いっぱいだというのにも関わらず、どんどんどんどん

食べ物を注文し続けて、

「もうお腹いっぱいですよ〜」なんてアピールするも、

どんどん注文なさる?!

エ〜、まだ食べれんのかい?!?!

なんて思いながらも

いざ、お勘定しようとしたら、

もう頂いております!なんていわれ、吃驚!

ちょっとまってよ!黒木さん!行き当たりな旅で勝手にやって来たのに.....。

なんて思いながらも、結局

ホント恐縮です!ありがとうございます!!ごちそうさまです!!!!!!

となってしまった。。。。。ほんとありがとう!ございます!!!!


あとあと、そのハンパない注文話を東京で誰かに話したら、

鹿児島的な「歓迎」スタイル(おもてなし)なのでは?

なんていわれ、な〜るほどな〜なんて勝手に納得してしまった。



のちほど、フェイスブックでうちの奥様と黒木さんが友達になり、

「黒木さんからメール貰ったんだけどさぁ〜.....」

なんて声をかけられ、

「なになにどうしたのよ?」

なんて返したら、

「指宿でご飯を食べた帰りに、旅館まで送ってもらった車の中で、

リンがさぁ〜、ユリちゃん(3番目6歳)に「結婚しよう!」

って言ってたらしいって、タケトくん(二番目)に聞いたんです」

だってぇ!!!おもしろくない?!」

俺「え〜!?!?!」

といいながらも、内心とても面白く、とても理想通りな結果になっていたこと

に嬉しくもおかしくなって二人して笑った。


リンコス初恋か?!?!

たしかに、自分も子供だったら、

ひょうきんで明るくて、活発にはしゃいでいる

黒木家の三番目「ゆりちゃん」みたいなこなら、

恋焦がれてしまっているかもしれない

な〜なんて思ったりもしつつ......。



家族の旅の締めくくりで、やっと、

同世代の子供たちと思いっきりはしゃげられ、あげく初恋?!な

リンコスは旅館の敷き布団で気持ちよく爆睡しておった。

ゆりちゃんの夢でもみていたのであろうか?







先日、そんなリンコス君に

お風呂上がり、洗面所で体を拭いているとき、

「パパのお尻にはなんでヒゲがあるのぉ〜?」

なんて、質問を頂戴賜り.......、おもわず、

鏡越しにテメエのケツを映し眺め、確認してから、

「なるほど。ヒゲ...ね....おもしろい!」

と、またしても笑わせていただいた、とともに、

自分のケツの毛深さにも改めてビツクリ。




久しぶりに視た、てめえのお尻。

決してかわいいものではなかった。



NCM_0128.jpg


(イメージ図)