創地と宗二


僕のアシスタントをしてくれてた植松創地(ソージ)が作業場にやって来た。

前はエイス

のアルバイト店長をやっていたのだけれど、今は、靴を作っている。

そんなソージがやっと作った出来上がったばかりの

靴を持ってやって来てくれた。

相変わらず、いろいろな事に、自分の考えがしっかりとあり、

中々曲げられない、コダワリのありすぎる面倒くさいやつだった笑。

そんなソージと久々に話して、

一言一言思った事を容赦なく突っ込んでは、ニヤつかれ、うなづかれ

うなづいて、つっこまれ

なんか似たモノ同士だなと感じつつ、懐かしさと、

ちょっぴり嬉しい気持ちが相成り、気分良く家に戻って来たところ。

そんなソージに対して、

最近、また読み直している、漫画「へうげもの

その中に出てくるのが、千利休の高弟だった

山上宗二という御仁がいて、

「そのヒトは、利休の"侘びの世界"を一番良く理解した、素晴らしき茶人だったが、

その侘びへのこだわりが意固地になりすぎた為か

秀吉の命令で殺されてしまったという、本当に勿体無いお方」

だと説明した上で、

「なんか名前が似ているだけでなく、キャラクター的に結構似ているぜ!」

なんつってしまった。

意外にも、ソージ本人もへうげものを読んでいて、

ちょっと納得していたのがまたおもろかったw。

自分ながらに面白いところに気がついたもんだと思った。


その意固地をどう変化させられるか?

ということで、おれたちゃ、つまんなくもなっちゃうし、

面白い事も出来るようになれるんじゃねえかと。

その面白いと自分で思える事で、やっと人に通じるんじゃないかなと。

面白い事をアピールして、稼いで行こうじゃねえかと!

酒も飲まないで、熱い話をして、バイバイした。