対話


甲斐君とは出逢ってからどのくらいの付き合いになるであろうか?


初めてお店にリースに行った時は、ちょっとおっかなくって

気軽に話せる存在ではなかった。笑

当時人気のあったファッション雑誌、BOONで

ファッションリーダー的な存在だったからってのもあるけれど。笑


二つ年上の先輩だけれど、
数少ない、ため口で対等に話せる先輩友達の1人だ。

いままでは、自分の会話も、甲斐君の話す話もひっちゃかめっちゃかで、

お互い言いたい事ばかり話しまくる性格だから、

会話として成り立たない

ワガママで乱暴な二人であった。苦笑

そんな甲斐君ともお互い歳を取ったせいもあるのか?

気持ちよくひとつひとつゆっくり会話ができるようになった。笑


お互い話したい事をゆっくり話し、聞いては答えて、

話しては突っ込んでもらって。。


お互い少しは大人になったんだなと確信できるようになった今宵。

昔は、何を話したのか?結局覚えてない

定まっていない呑みの席ばかりであったけれど、

今は、じっくりひとつひとつ話せて、お互い共感しつつ、

自分の思いを遠慮なく突っ込むことができる数少ない友人の1人だと

確信できる関係にも成れた。

ぼくは、家族ができたてのあってか?

長い事人と接するのがおっくうになり、酒の場の誘いにも

気が乗らなければほぼ断ってしまうような日々が続いていたけれど、

気の合う人でないと、

上手に話したり、聞いたりできない事が、一つのおおきな

コンプレックスでもあったが、

やはり、よく聞いて,話す事によって、

意思疎通が出来る人と話す事が出来るようになると

改めて、人とのコミュニケーションってのはとても大切で

あることなんだなぁと思い知らされる。


誰とでも裏表無く なんて中々難しい事だけれど、

虚勢を張らないで、素直に意見をぶちかましたことで

相手にも解ってもらえて、相手もこちらに素直に思ったことを放つことで、

解り合えた時っつうのが、とても有意義だなと実感できる時だ。


そんな今宵であった。


誰とでも同じ事は出来ないが、心を開いて話せるって

なんて気持ちのいい事だろうとこの歳になって

深く味わえる事が出来た。


お互い少しは落ち着けるそんざいになったのか?

解り合える会話が出来る友達がいるってぇことは

とても贅沢なことなんだろう。

なんつって、夜の酔いに身を任せて、思った事をブログ上に書き、

デカスロンでも読みながら、

お休みしたいと思う。

俺も主人公みたいにバカになりきりたいなぁと思いながら....。。。


CA3I0206.jpg

気持ちよく酔っぱらうとおもわず吸いたくなる煙草。
今日は5本ほど、得意のもらいタバコをしてしまった。


また、ゆっくり話がしたいねぇ。