初期設定


 先日仕事と言う名の野宿遊びから帰ってきて、
ふとTVを付けたらたまたま、
「ザ・ノンフィクション」という番組が放映されていた。

ある女子高校バレー部の"体罰という教え"をテーマにした内容で、
それが果たして良いのか悪いのか?そんな特集。

正直、人ごととは思えず思わず見入ってしまった。

番組としてのこ答えは、

  「そこには愛があるのか?」という言葉で終わった。

自分自身、スタイリストをいう憧れの仕事に就くために、
スタイリストの師匠に指事しアシスタントを経て独立し、
晴れて、独立に相成ったのだけれど、
自分も、仕事をして行くうちに、1人ではこなせなくなり、
周りのスタイリストと同じようにアシスタントを雇って、
自分の仕事のサポートをしてもらっていた。
そんな彼らに対して、自分も体罰に等しい行為や言葉を発してきたのは
否めない過去がある。


そこに愛情があったのか?

今思うと、運良く仕事にもありつけ、どうにか上手い具合にやって来れたのも
一緒に仕事をこなすアシスタントが居てくれたからだ。

中途半端に師匠という立場に寄っかかって、
調子こいて偉ぶっていただけなんだなと思う。

スタイリストの技量は身につけられてたとしても、
人に教える事、育てて行く事なんて
全く備わっていなかったんだなって。一緒に育つ事を無視して
勝手に自分お手柄の様にやってただけなんだなって。

その当時は間違っていない"指導"のつもりでいたんだけれど、
ただのひとりよがりだったんだと改めて思った。

思い返すと、自分にはそれが全く無かったんだと改めて
その番組を見て思い知らされた。

今自分は、子を育てる立場の父親。
父親になってからやっと、愛情ってものがどんだけ重要なのか、
子供と接して見て、今更ながらすこしずつ解って来た。

自分を育ててくれた親の気持ちもやっと解るようになって来た。

今更感がハンパ無いが。。。

家族に対しても、親に対しても、それこそ友達に対しても、
できれば見ず知らずの他人に対しても。
「愛情」を注いで行けるか?自分課題なのだ。

初心忘るべからず。  

一度、初期設定に戻すのは今がタイミングなのかな?


なんて、さっき久しぶりにサシ呑みした友人
と呑んで語ったいきおいで書いた、朝見たら恥ずかしい内容
かもしれないおはなし。