酒を飲み交わすのは何ヶ月ぶりだろう?

下手したら半年経ってるんじゃないのか?

そんな友達と、久しぶりにサシ飲みした。

彼とはちょっとした件で仲違いになって

しばらく会っていなかったんだけど、

俺から、誘いを入れて(極稀也)2度目の誘いでやっと会うことができた。



久々の再会に適当な雑談をしながらも、タイミング見計らって、

相手から、その「事」の発端を切り出してくれたお陰もあり、

しっかりと話し合い、改めることができた。

しっかりと和解が出来たかは解らないけれど、

昔と変わらない感覚で酔っ払い「またね!」と改札口で

ぎゅっと握手を交わすことはできた。


時が経ちすぎていたけれど、我ながら長〜い間、その"わだかまり"が、

小さな溝の一つとなっていて、ずっと心の片隅に引っかかっていた

のは間違いなくて。。。。



だから今日は自分にとって、その溝からどうにか攀じ登って

上に這い上がれた気分で気持ちよく家路につくことができた。


仲違いなんて、すべての人が味わう自然な事であって、

いろんなところでぶつかって、つまづいたり、

失敗したり、頑固になったり、喧嘩して、離別したり、


人間だもの



相田みつをのツッコミばりにそんなことは誰にだって

よくある日常の一片なのだろうけれど、

そのままにしないでちっちゃなことでも

一つずつ解決していくがとっても大切なんだと、思い知った今夜。

酔っ払ったパワーのお陰も多大であるけどね。てへ。

「仲」とは"人"の"間"にとってとても重要なものなり。

これぞ「人間」。なんつって、

今夜は気持ちよく爆睡できそうだぜ!イエイ。